マリオットホテル爆弾テロ事件 1
テレ朝さんの『報道ステーション』向け特集の取材が2本終わり、忙しさが一段落。
昨夕は、皆がイフターリ(断食後の軽い食事)を楽しんでいる最中、我が家もたまには外食でも・・と思い立ちました。イスラマバードのF10地域にあるイタリア料理屋に行こうということになり、玄関を出ると何か衝撃音がありました。(なんだろう・・・)と思いつつ、店へ。メニューを選んでいる時、マリオットホテル(6階建て、290室)の爆弾テロ事件の一報が入ってきました。
弟はF11地域(いずれもマリオットホテルの所在地からかなり離れている)のマンション5階で叔母と共にその音を聞き、「となりのマンション建設の工事現場の音かな?と思った」と、言っていました。
All photos copyright by Amin Ullah BAIG, Silkroad Caravan
写真の無断転載をかたくお断りいたします
いつも華やいでいたマリオットホテル。延焼が広がりこんな姿に
マリオットホテル爆弾テロ事件 1_d0106555_20285129.jpg

      
夫ベーグは、急遽オフィスに戻り、カメラを取って、現場で急行。夜中にやっと、硝煙のにおいをまとって帰宅しました。
緑濃い静かでのどかな首都イスラマバードはどこへ行ってしまったのでしょう。いろいろな気持ちがないまぜになっていますが、悲しいです。でも忙しいです。だからこう何かイライラします。
マリオットホテル爆弾テロ事件 1_d0106555_20295393.jpg

今現在、政府発表によれば死者は67人。でもまだまだ増えるでしょう。ガス管の引火で多くの部屋へと燃え広がり、あの大きく豪華だったマリオットホテルの大部分に延焼しています。遺体はみな黒こげだ、と電話の向こうのベーグが言い・・・それは認識しなければならない事実なんでしょうが、聞きたくない。
ご遺体になって発見された外国の方々は、チェコ(チェコ大使が死亡)、アメリカ、フィリピン、タイ、イギリス、エジプト、UAE、中国など。
爆発のあった時間からするに、外国の方々は、外のレストランで夕食の時を過ごしていた方も多いだろうから被害が少ないと良いのけれど、と願ってはみたものの、実際のところはやはり、多くの被害が確認され始めています。従業員も大きな一流ホテルだけに多く、お金持ちのパキスタン人たちも断食のときだからこそ、その後の楽しいイフターリをしに、マリオットへ出かけて来ていたのです。なんという悲劇。マリオットは、ベーグ同胞のフンザ人も多く勤めており、これも心配でしたが、幸いにも死亡は免れました。                
レセプション横のナディア・レストラン
マリオットホテル爆弾テロ事件 1_d0106555_20312447.jpg

今日のベーグは、朝、モンスーンの雨に、「救助に影響が出なければいいが・・・」と言って取材に出たきり、戻りません。まだ一部消火されないマリオット建物内部の撮影を特別に許可され、その後、病院取材、病院での首相インタビューなどを終えたらしいけれど。

昨晩、燃えるマリオットホテルを前にして、社長サドルディーン・ハシュワニ氏は傍らに息子さんを携え、ベーグたちのインタビューにこう発言されたそうです。
「パキスタン建国のときもそうだった。
私たちのパキスタンが平和になることを望まない勢力がいつもいる」と。
そのご心中いかばかりか・・・・・・。
左は駐車場/廊下、その右側にはショップやオフィスが並んでいた
マリオットホテル爆弾テロ事件 1_d0106555_20321259.jpg

このブログを書いて、私も、気分を深く沈めて布団にでももぐりこみたい。何の解決にもならないけれど。でも、電話やメールの対応もしなけらばならないし、小さいわが子も、そうはさせてくれないでしょう。何も知らずにはしゃぐ吾子の小さな瞳にのぞきこまれると、パキスタンの未来はどうなるんだろう、という思いが余計に頭をよぎります。

▼パキスタン現地旅行会社・取材コーディネーションシルクロード・キャラバンHPはこちら
by silkroad_caravan | 2008-09-21 20:15 | パキスタンあれこれ
<< マリオットホテル爆発テロ事件2... 取材、そしてヘリコプター >>



フンザへ嫁ぎ、パキスタン政府公認現地旅行会社&取材業に励む日本人女子が綴る仕事最前線やスローライフ。アフガニスタン取材も得意。Silkrad Caravan Tour, TV Media coverage
by silkroad_caravan
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
弊社は 

シルクロードキャラバン社

現地旅行会社&
取材・コーディネーション
パキスタン政府ライセンスNo.889
PAKISTAN, AFGHAN
テレビ雑誌取材/リサーチ/
通訳/版権交渉/
NGOロジスティクスサポート

旅行業
: フンザの旅/
パキスタン北部トレッキング
/仏教の道/ガンダーラ/
シルクロード/世界遺産/時々イランや中央アジアも
代表アミン・ウラー・ベーグ
Tel: 046-875-1686
タグ
カテゴリ
全体
フンザ
パキスタン北部あれこれ
パキスタンあれこれ
アフガニスタンあれこれ
イランあれこれ
中央アジア
以前の記事
2022年 08月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 03月
2018年 09月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 01月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
ライフログ
オクサスとインダス
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧