お客さま フンザへ4日間の旅 私はハラハラ!  
今朝、朝10時(パキスタン時間、朝6時)にイスラマバードの夫ベーグ携帯に電話してみました。本日よりパキスタン北部に行かれるお客さまの、ギルギット行き国内線飛行機が欠航にならないか気が気じゃなくて。今週、既に一度、欠航しているものですから・・・。
この便は毎早朝に2便あります。このブログで何度も書いているのですが、山岳飛行のため飛ぶか飛ばないか、直前まで分かりません。昨年、新しい飛行機ATRが導入されてから運効率はぐんと上がりましたが、それでも時々、欠航になってしまいます。ですから他社の団体ツアーが国内線を使わず、すべて陸路なのも無理からぬ話なのです。
                 フンザ、カリマバードの高台に建つ、バルティット城
お客さま フンザへ4日間の旅 私はハラハラ!  _d0106555_3591850.jpg

国際電話までした理由は、1組のご夫婦が、実質丸3日間でパキスタン北部の旅に挑戦されていたからです。リスクもいとわず、飛ばなかったら、それはそれで仕方ない、と。

今回、ガイド2人の内、ひとりはべーグだった為、イスラマバード国内線飛行場にいる彼を携帯電話でつかまえた次第。で、「どう?飛ぶ?

既に、チェック・インを済ませ、搭乗まであと30分だというのですが、天候が良くない為、まだ確実に飛ぶか分からない、と電話の向こうのうちのダンナ。
うーむ。ありそうな話。
飛ばない場合は、飛行場駐車場に専用車をダブル・スタンバイさせていて、陸路で出発します。ただ、それではご夫婦が(ご了承済みとはいえ)、目的地フンザの途中までしか行けません。ギルギットまで飛べば1時間。陸路だと1泊2日。。。
電話を切った後、(荷物も預け、ボーディング・パスも手にしているのだから飛ぶ確立の方が高いだろう)と、やや安心、でも・・・なんだか心配なまま電話を切りました。

午後になり、スタッフから、飛んだ、と報告をEメールで受け取りました。ほっ

夜(パキスタン時間の夕方)には、フンザカリマバード、バルティット城近くよりベーグの電話報告有り。(秘境といわれてきたフンザでも、通信が日進月歩で良くなりつつあり、状況しだいで電話連絡を受けることも可能になってきています)。

~飛行機は飛び、ただし、天候不良でヒマラヤ・カラコルムの大迫力を眼下に眺めることが出来ず。外は真っ白(残念っ!)。お客さまたちはギルギットに朝、到着。ご朝食後、専用車でフンザへ。お昼にはもう、カリマバードへ到着! ご昼食後、フンザを散策。夕方、ご夫婦は一路、ギルギットへ戻る。(すごい強行軍っ!) 明日の朝便で再びイスラマバードへ戻る(これも飛んだら、の話)~

行けたとしても、こんな短時間 in フンザでいいのかしら? と思いつつの手配でしたが、お客さんのご希望のスケジュール運びとなり、あぁー、ほっとした。

明々後日のバンコク行きの国際線に帰路のご搭乗をされるまで、本当の安堵はできませんが、第一希望通りのスケジュール通り運んでいて良かった、の巻きでした。

余談: ご夫婦の旦那さまの方は、ご旅行前に電話の向こうで「私たち、変わり者なので・・・。」 飛ばなかったら飛ばなかったでいい、と。(思わず、かなり笑ってしまいました、心の中で)。
弊社からの代替案、欠航の場合はカシミールあるいは、ソルト・マインロータス・フォートタキシラなどに場所変えする手配にしましょうか?に対し、それには及ばない、ということでした。
思い起こせば・・・私も結婚前、気ままな一人旅をしていたものです。予定通りに飛行機に乗れなかったり、列車が動かなくなったり、いろいろトラブルに見舞われました。ですが不思議なことに、そういった旅の途上で生まれた”のりしろ”みたいな部分で、なぜか必ずといっていいほど楽しい出会いや、忘れ難い素敵なひとときが生まれたのです。
なので、ご夫婦の、短い時間の中で、(その時はその時でいい)とおっしゃられる・・・旅をする上で、トラブルや予定外予想外のことさえ楽しんでしまう気持ちの余裕みたいなものに、共感を覚えました。
ただ他のお客さまには、この行程、おすすめできません。総合的に、行程とリスクを考えると、やっぱり立場上・・・ね(汗)!

▼▲パキスタン現地旅行会社シルクロード・キャラバンのHPはこちらから▲▼ 
by silkroad_caravan | 2008-05-11 04:12 | パキスタン北部あれこれ
<< ナンガ・パルバットとジュリパー... あんずの花とトレッキング200... >>



フンザへ嫁ぎ、パキスタン政府公認現地旅行会社&取材業に励む日本人女子が綴る仕事最前線やスローライフ。アフガニスタン取材も得意。Silkrad Caravan Tour, TV Media coverage
by silkroad_caravan
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
弊社は 

シルクロードキャラバン社

現地旅行会社&
取材・コーディネーション
パキスタン政府ライセンスNo.889
PAKISTAN, AFGHAN
テレビ雑誌取材/リサーチ/
通訳/版権交渉/
NGOロジスティクスサポート

旅行業
: フンザの旅/
パキスタン北部トレッキング
/仏教の道/ガンダーラ/
シルクロード/世界遺産/時々イランや中央アジアも
代表アミン・ウラー・ベーグ
Tel: 046-875-1686
タグ
カテゴリ
全体
フンザ
パキスタン北部あれこれ
パキスタンあれこれ
アフガニスタンあれこれ
イランあれこれ
中央アジア
以前の記事
2022年 08月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 03月
2018年 09月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 01月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
ライフログ
オクサスとインダス
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧