ブット元首相暗殺 ~悲嘆するパキスタン国民
 先ほど、ブレーキング・ニュースでパキスタン人民党(PPP)総裁べナジール・ブット元首相が暗殺された報が届きました。ラワルピンディーで来年1月8日の総選挙に向けて開いた政治集会の直後。予想されうる範囲のこととはいえ、ショックを隠せません。

 直後から、イスラマバードの夫ベーグとの国際電話もなかなか通じない状況になっています。双方でかけあっていたのですが、先ほどやっと通じました。

 パキスタン人民党の支持者だけではありません。パキスタンの多くの人々が悲嘆に暮れ・・・強いショックを受けています。国中を悲しみが覆っている、といえましょう。国民の多くが故郷に帰り、イード(犠牲祭)のお休みを楽しんでいたのに、そんな華やいだムードも吹き飛んでしまいました。

 夫ベーグ自身、若い頃から、ブット女史と何度も会って話したことがあります。
「父(初代首相アリ・ブット)が殺され、兄弟が殺され、そして彼女も殺されてしまった」。とつぶやいていました。
 
 ベーグは元々、明日から、総選挙がらみの取材を日本のテレビ局向けに始めるところでした。その日本からの取材クルーは今、まさに国際線の機中の人。
 すぐさま、日本の他局からも取材問い合わせが入り始めています。スタッフは情報収集、スタッフ、車、ホテルの手配などで今夜は眠れぬ夜となりそうです。
 ベーグ本人は、自分のカメラを持ってラワルピンディーの自爆テロ現場の撮影へ。今、もう映像を編集して日本に送るところだと言っていました。明日朝から、某民放さんで映像が流れているのではないでしょうか。

 世俗派とはいえ、暗殺、というショックに直面したブット女史支持者たちの抗議が、暴力を伴って飛び火されていかないか、心配です。
 非常事態宣言が解除されたばかりだったパキスタン‐‐‐国際社会から注視されている政局、総選挙の行方はどうなってしまうのか。
 
 ブット女史が、事実上の亡命生活からカラチに帰国した10月にも、親欧米路線の彼女へのイスラム強硬派勢力の反発は強く、帰国パレード行進の車列を狙った連続爆弾テロが起き100人以上が死亡する事件があったこと、記憶に新しいと思います。

 先ほどの暗殺と同日27日、同じくラワルピンディで、有力野党「イスラム教徒連盟ナワズ・シャリフ派」(PMLN)の支持者の列でも銃撃があり、少なくとも4人が死亡しています。

 21日にも北西辺境州ペシャワール近郊チャールサダの、パキスタン人民党立候補者が参加した政治集会でも、自爆テロが起きており、50人もの人々が死亡。今後の行方が混迷を増していっていることを目の当たりにしていました。ベーグも日々変わり、予想しきれぬこの状況、選挙にからむ動きに憂慮。
 取材クルーの身の安全を守りつつどこまで撮れるか、関係省庁通い、取材内容の検討や立候補者へのインタビューの予約などに忙しい毎日を送っていたところに起きたブット氏暗殺でした。電話の向こうのその声も落胆がにじんでいた。
 
 ベーグは正月返上で取材ダ、というものの・・・日本連絡事務所サイドの私は、年内、仕事納めの気分で、今日は楽しいブログでも書こうと思っていたのです・・・・・・。楽しいネタ、牧歌的なネタ、オモシロいネタ、美味しいネタ、書きたことは沢山あるパキスタン・ネタなのに、こんな辛い事件が優先されてしまう情勢、ただ、ため息。

 志あい半ばで命を奪われたブットさんのご冥福を、心よりお祈り致します。
by silkroad_caravan | 2007-12-28 01:06 | パキスタンあれこれ
<<  ブット元首相暗殺 混迷深まる...  パキスタンご旅行では、こんな... >>



フンザへ嫁ぎ、パキスタン政府公認現地旅行会社&取材業に励む日本人女子が綴る仕事最前線やスローライフ。アフガニスタン取材も得意。Silkrad Caravan Tour, TV Media coverage
by silkroad_caravan
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
弊社は 

シルクロードキャラバン社

現地旅行会社&
取材・コーディネーション
パキスタン政府ライセンスNo.889
PAKISTAN, AFGHAN
テレビ雑誌取材/リサーチ/
通訳/版権交渉/
NGOロジスティクスサポート

旅行業
: フンザの旅/
パキスタン北部トレッキング
/仏教の道/ガンダーラ/
シルクロード/世界遺産/時々イランや中央アジアも
代表アミン・ウラー・ベーグ
Tel: 046-875-1686
タグ
カテゴリ
全体
フンザ
パキスタン北部あれこれ
パキスタンあれこれ
アフガニスタンあれこれ
イランあれこれ
中央アジア
以前の記事
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 03月
2018年 09月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 01月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
ライフログ
オクサスとインダス
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧