フンザと、イランのおふくろの味 + 長寿の話も
 ここのところ、硬い内容が続きましたから、今日はちょっと、おいしいブログにしたいと思います。食べ物ネタは、書きたいことがいっぱいあります。特に私は、”日本”と”パキスタン”と”フンザ”という、異なる食文化の狭間で小さな子どもたちを育てているため、頭の中は、食に関する疑問や悩みでいっぱいなのです。(*読者のみなさんは、パキスタンとフンザを分けてあることを不思議に思われるでしょうか。フンザは元々ひとつの王国で、地理的にも歴史的にも、パキスタンとは異なる食文化を持っています)。

 いうまでもなく日本とフンザの食生活も、大きく異なります。気候風土もまったく違います。ですから違う食生活をしているのは当然のことですが、ともに長寿で有名なところでもあるのですよね。
 よくいわれるフンザの長寿伝説、実際のところは、伝説になるほどでもないようです。それでも旅人から見ると、顔に深い深いシワを刻んでなお、超現実と思われるほど美しい村の中を、かくしゃくと、ある人はクワを持ち、ある人はワラを山のように背中に積んで、しなやかにゆくその姿を見ると、長寿伝説のひとつも語りたくなるでしょう。
 実際のところ、病気らしい病気がなく(ないんです!)、寝たきりのお年寄りが皆無、元気に年をとっていくのは事実で、世界中の長寿研究者の方々が注目されるのも分かります。(おカミの舅と姑も、きっと、おカミより長生きするに違いない、彼らの生活を見ているとそう感じます)。
d0106555_402158.jpg

 さて、最近、そんなフンザの”おふくろの味”に、なんと、日本の友人夫婦宅で再会し感激してしまいました。友人は、夫ベーグと私の、いわゆるパパ友とママ友・・・子育て中の同志です。ママは日本人で、パパはイラン系カナダ人。パパのSさんは、時々、私たちにイラン料理の腕をふるまってくれるのですが、その料理上手なこと! センスのよろしいこと! そして、おいしーい。世界地図を思い浮かべていただければ両国は土地続きのお隣どうしですから、ご納得いただけるでしょう。彼の作るものにはパキスタンやフンザを思い出させてくれるような品が多いのですね。 

 最近、イランに里帰りされ、いろいろな食品を持って帰って来られたSさんが、最初につくってくれた一品が上の写真。ナスとニンニクをじっくりオリーブオイルでソテーしたものをつぶし、その上にクルミや、ソテーしたミント、カシュクといわれるドライヨーグルトがかかったものです。そしてこのカシュクが、フンザのおフクロの味、クルットといわれるチーズと同じ味だったのです。
 「すっぱーいこの味、なつかしい、涙~、しかし待てよ、ドライヨーグルト? チーズじゃないの?」という会話がこの後、続きます。ミルクを長い長い時間かけて攪拌した後、上澄みでバターを作るのですが、その下に残ったラッシー(ヨーグルト)をさらに加工し、それぞれ、カシュクとクルットになります。ただ、その加工の仕方が違うのでした。フンザのクルットチーズはこの後10時間以上も火にかけた後、天日干しします。イランのカシュク、ドライヨーグルトはそのまま袋に入れて発酵させるようです。
 
d0106555_132941.jpg

 こちらがフンザのクルットで作ったチーズうどんです。クルット・モチといいます。おふくろの味です。最初に食べたときは、その酸っぱさに驚き、やがて病みつきになってしまうんだなぁ。特にフンザの厳冬期に食べると、最高! 私はいつも義弟たちに、「姉さんって、本当にモチが好きだよねー」と笑われています。今、ベーグは傍らで、「これにグリ(種も丸ごと乾燥させたアンズ)を入れると、もっとおいしいぞ~」と、うっとり思い出しています。

 長寿の話に戻れば、ベーグのひいお爺さんは108歳まで元気に生きて、ある日、「ワシは明日死ぬだろう」と、家族全員に伝え、その通り、ぽっくり亡くなるという大往生だったそうです。そのお爺さんは毎朝、欠かさず、このクルット・モチを食べていた、と聞いています。ひいお爺さんが生きている間に、チャイ(ミルクで煮出した紅茶)や砂糖を摂取する習慣がパキスタンから入ってきましたが、ひいお爺さんは決して、そういったものを口にしようとはしなかったといいます。絶対に体に悪い、と思っていたようです。クルット・モチはやっぱり、長寿の秘訣のひとつだったのでしょう。

*前回の記事に書きましたが、このクルットチーズが、WWFの強引なプランにより作れなくなってしまいそうな2007年です。
*クルット(チーズ)のことは、以前、共同通信社さんの『暮らしの知恵』という雑誌に寄稿しました。今度、PDFファイルにして、この記事とリンクしたいと思います。

   ▼▲パキスタン現地旅行会社シルクロード・キャラバンのHPはこちらから▲▼
by silkroad_caravan | 2007-07-04 04:31 | フンザ
<<  ああ、パキスタン航空 (フラ...  山岳シンポジウム、パキスタン... >>



フンザへ嫁ぎ、パキスタン政府公認現地旅行会社&取材業に励む日本人女子が綴る仕事最前線やスローライフ。アフガニスタン取材も得意。Silkrad Caravan Tour, TV Media coverage
by silkroad_caravan
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
弊社は 

シルクロードキャラバン社

現地旅行会社&
取材・コーディネーション
パキスタン政府ライセンスNo.889
PAKISTAN, AFGHAN
テレビ雑誌取材/リサーチ/
通訳/版権交渉/
NGOロジスティクスサポート

旅行業
: フンザの旅/
パキスタン北部トレッキング
/仏教の道/ガンダーラ/
シルクロード/世界遺産/時々イランや中央アジアも
代表アミン・ウラー・ベーグ
Tel: 046-875-1686
タグ
カテゴリ
全体
フンザ
パキスタン北部あれこれ
パキスタンあれこれ
アフガニスタンあれこれ
イランあれこれ
中央アジア
以前の記事
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 03月
2018年 09月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 01月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
ライフログ
オクサスとインダス
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧