フンジュラーブ峠の思い出 + 空港から国境まで親戚だらけの巻
 弊社のHPフォトギャラリーの作業をしていて、中国・パキスタン国境フンジュラーブ峠の写真で手が止まりました。久しぶりに見るフンジュラーブ峠。ユーラシアを横断する旅人たちの憧れの地点でもある標高4,700mの平和な国境です。ハイウェー上にある国境としては、世界で一番高いところにある、といわれます。
 フンジュラーブ峠の思い出 + 空港から国境まで親戚だらけの巻_d0106555_18523383.jpg

 パキスタン北部をご旅行されるお客さまたちも、ツアーでよく行かれるところです。外国人のお客さまたちは、(こちらから見ると)パキスタン、裏から見ると中国、と書いてある石碑をバックに、記念写真を撮られます。よく、制服を着たニコリとも笑わないパキスタン国境警備隊に、一緒にスナップに入ってもらっている方々も見かけます。その後、みなさんはどんなに長くても!30分程度過ごして引き返す、あるいは国境をまたいで去っていきます。空気が薄いですから。

 この写真は8月の景色です。婚約時代に、ベーグと義妹と共に、ジープに乗ってピクニック気分で出かけて行きました。お花が咲き乱れ、遠くでヤクが草を食んでいます。ここは、フンザカラコルム世界との分岐点、国境の向こうはパミールを経て、遥かなる中国側のシルクロード
 さて、お茶やアンズ、ビスケットを食べた後、私はひとりで、写真左手にあるクンジュラーブ氷河まで歩いてみることにしました。5分か10分で氷河のたもとまで行けるように思えたのです。
 しかし、甘かった。歩いても歩いても氷河にたどり着きません。15分も歩いて、まだまだ着かないと気付き、あきらめて引き返しました。(こういうところに来ると遠近感というものがなくなってしまうんだなぁ・・・と実感)。

 どこに行っても親戚だらけ ~国際空港から国境まで~
 この写真を見て、もうひとつ思い出したことがあります。
 帰りがけ、国境警備隊の小さなオフィスに寄り、挨拶をした時のことです。実はこういったシーンで、私が注意することが、ひとつあります。現地の人と会う時、私は、初対面の相手を、親戚だと思って挨拶するようにしている、ということです。
 それは初対面の人と挨拶し終わった後に、その人が親戚だった、とわかることが経験的にあまりにも多いからなのです。このため、失礼がないように全部、親戚、と思っておくことにしています。もちろん、パキスタンは多民族国家ですから、対面する方が別の民族だった場合は違いますヨ。
 案の定、人の良い、初老の警備隊のおじさんは、遠い親戚でした。それから、よもやま話をして、うちの庭で取れたアンズを、袋ごと差し上げて帰って来ました。
 
 夫ベーグは、中央アジア系タジクのワヒ族という民族です。フンザは、ブルショワスキー人とこのタジク系ワヒ族で構成されています。
 ワヒ族はアッパーフンザの他にも、パキスタン北部のヤシーン地域、ボローギル地域に住んでいます。あとは国境をまたいで中国ウイグル、アフガニスタン、タジキスタンにも・・・(国境の概念も私たち日本人とは違うはずですよねぇ、ユーラシア大陸の思いきりど真ん中・・・)。

 で、ワヒ族も現在は、パキスタン国内各地に仕事で散らばっている住んでいます。このため、イスラマバードの国際空港から、国境の警備隊まで、驚くほど親戚だらけなのです。これには本当に!びっくりします。
 親戚の人に会うと、ベーグは後で、家系図を書き、説明しようとするのですが、正直、うんざり。9代前まで軽く記憶している彼らですが、何度聞いても私には覚えられない。”おじいさんの兄弟のお嫁さんの兄弟”というような説明なワケです。そんな私の気持ちをヨソに、「親戚作るのは私たちの趣味だからさ」、とベーグにいわれると、もう笑うしかない^_^; もちろん、彼らがなぜそのように強固な親戚網を築いてきたかという理由は、彼らと同じ環境下で、共に生活していれば見えてくるし、殊に厳しい自然環境で生きていく上での知恵、というものが感じられます・・・というわけで、10年たっても親戚を覚えきることは絶望的な私。
 もっともこの親戚人脈で、どこに行っても何をしても、頼れる人がいるわけで、心強いし、もちろん当然のことですが、これが我われの仕事上、どれだけ役に立つことか~~~。あらゆる職業の親戚が、あちこちで働いているわけですから。コネクションでいかようにも対応が変わるパキスタンなのでした。

 親戚だらけの別の側面としては、フンザの田舎で犯罪などが起きない、というようなこともいえます。フンザは治安が良く、警察など要らない、とよくいわれますが、そもそも全部、見られているし、悪いことなどできやしないのですね。
 私もどこに行っても、何をしても知られてしまうので、ちょっと疲れることがあります。散歩に行き帰宅すると、どこに行っていたか、すっかりバレている、というような調子かな。夫婦ゲンカして気晴らしに外に出ても、夫は私がどこに出かけたか、知っていたりするわけです。私自身だって、アテもなくフラッっと出かけているのに(ーー;) 彼ら、視力がとても良いことも手伝って、どこにいても見られてしまう。ブッシュマンなみの視力を持つワヒ族でもありました。

   ▼▲パキスタン現地旅行会社シルクロード・キャラバンのHPはこちらから▲▼
by silkroad_caravan | 2007-05-19 20:30 | フンザ
<<  叔父たちのホテル  アッパー...  ラホール取材物語その2  >>



フンザへ嫁ぎ、パキスタン政府公認現地旅行会社&取材業に励む日本人女子が綴る仕事最前線やスローライフ。アフガニスタン取材も得意。Silkrad Caravan Tour, TV Media coverage
by silkroad_caravan
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
弊社は 

シルクロードキャラバン社

現地旅行会社&
取材・コーディネーション
パキスタン政府ライセンスNo.889
PAKISTAN, AFGHAN
テレビ雑誌取材/リサーチ/
通訳/版権交渉/
NGOロジスティクスサポート

旅行業
: フンザの旅/
パキスタン北部トレッキング
/仏教の道/ガンダーラ/
シルクロード/世界遺産/時々イランや中央アジアも
代表アミン・ウラー・ベーグ
Tel: 046-875-1686
タグ
カテゴリ
全体
フンザ
パキスタン北部あれこれ
パキスタンあれこれ
アフガニスタンあれこれ
イランあれこれ
中央アジア
以前の記事
2022年 08月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 03月
2018年 09月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 01月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
ライフログ
オクサスとインダス
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧