カラコルム峡谷の地形を変えた地滑り 続報
年頭ブログにも書きましたフンザ地域アッタバード村の大規模な地滑り。現地の人々の懸命な働きは続いていますが、自然の脅威を見せつけられた地滑り、崩落でした。

まるでケーキでもカットするように、ある斜面一体が、深く狭いカラコルム峡谷に滑り落ち、アッタバード村の半分が崩落して消滅。そこの谷自体がなくなってしまったのです。亡くなった村人は20数人になります。少なからぬ被災した村人たちは、みな、親戚宅などで暮らしています。
あのカラコルム・ハイウェーも5キロに渡り、寸断されてしまいました。

前回、危ぶんでいた通り、峡谷深いフンザ川の流れがせき止められたために、二次被害により、わずか数日で大きな湖が出現しました。当初は軍の出動によりダイナマイトで土砂を爆破、川の流れが滞らないようにするのだろうか?!とも言われていましたが、実際はダイナマイト程度で壊せる土砂ではありませんでした。

      地滑りでできた湖。水位がどんどん上がり、これが今月できた湖に見えますか
カラコルム峡谷の地形を変えた地滑り 続報_d0106555_134046.jpg

現地の人たちは、もう自然の地形、風景が完全に変わってしまった、と認識しています。人間が簡単にどうこうできるスケールではなかったのです。

まずは船で両岸を行き来するようになるでしょう。カー・フェリーでもあればいいのですが、無理でしょうねぇ。
往来不可能になったカラコルム・ハイウェーはルート変更で作り直しするしかありません。

カラコルム・ハイウェーを更に北上した中国との国境フンジュラーブ峠(4,700m)も現在、冬季~雪で閉ざされているため、地滑り現場とこの国境の間に位置する上部フンザ/ゴジャール地域は現在、陸の孤島となっています。

この陸の孤島、私どもやガイドたちの故郷でもあります。
切れ切れの携帯電話から時々、様子が入ってきていますが、みな落ち着いているので、安堵した次第です。
もともと自然の要塞に囲まれて生きてきた彼ら民族は、過酷な自然環境がDNAにしみ込んでいるのしょう。いつも私が感じることですが、彼らは自然が何かを知っているし、普段から危機管理能力も高いのです。

自給自足の故郷は、小麦・乳製品・ジャガイモなどの備蓄が通年、通してありますから、日本人の私としては彼らの自給自足の強さを感じますが、と同時に、食用油やチャイ葉、プロパンガスの不足などはこれから困ってくることでしょう。
「油は大丈夫だよ。アンズの木や家畜から取れるから」と、夫ベーグは申しておりますが・・・。

同時に、ハイチの地震被害の悲惨さも毎日、CNNで見ながら、なんとも心中は穏やかになれないです。けれど、今回、被災した村、そして陸の孤島となっているゴジャールの人々は宗教的にも民族的(大家族制・大親戚網)にもソサエティが強固です。互助・ボランティア力も非常に高いため、みんなが助け合っている様子が目に浮かびます。
それぞれが自分にできることをやっているに違いありません。

夫ベーグは数日中に日本からパキスタンへ戻ります。こちらでハラハラし、可能な限りの通信手段でエールを送るしかなかった側から、自分でアクションをおこせる側に戻れることで少しだけ、ホッとしているでしょう。既に依頼事項が来ており、国際電話で打ち合わせしていました。

弟も崩落時にフンザの中心地にいたため、半月たっても自宅側に帰れずにいます。

パキスタン現地旅行会社シルクロード・キャラバンのHPはこちらから▼
by silkroad_caravan | 2010-01-18 10:56 | パキスタン北部あれこれ
<< カラコルム峡谷の地形を変えた地... 営業始め 2010 >>



フンザへ嫁ぎ、パキスタン政府公認現地旅行会社&取材業に励む日本人女子が綴る仕事最前線やスローライフ。アフガニスタン取材も得意。Silkrad Caravan Tour, TV Media coverage
by silkroad_caravan
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
弊社は 

シルクロードキャラバン社

現地旅行会社&
取材・コーディネーション
パキスタン政府ライセンスNo.889
PAKISTAN, AFGHAN
テレビ雑誌取材/リサーチ/
通訳/版権交渉/
NGOロジスティクスサポート

旅行業
: フンザの旅/
パキスタン北部トレッキング
/仏教の道/ガンダーラ/
シルクロード/世界遺産/時々イランや中央アジアも
代表アミン・ウラー・ベーグ
Tel: 046-875-1686
タグ
カテゴリ
全体
フンザ
パキスタン北部あれこれ
パキスタンあれこれ
アフガニスタンあれこれ
イランあれこれ
中央アジア
以前の記事
2022年 08月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 03月
2018年 09月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 01月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
ライフログ
オクサスとインダス
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧