タグ:ペシャワール会 ( 12 ) タグの人気記事
新年のシルクロード・キャラバン +ペシャワールのチャイ屋
この年末年始に、2台の業務用パソコンを入れ替えました。私のこれまでの業務パソコンは、CPUが早いとは言い難く、今回、intel CORE i7搭載の速さにびっくり。感激しています。

もう一台は用途がまったく別で、もっぱらモバイル用。パキスタンの現場用、という感じでしょうか。レッツ・ノートシリーズのスペックと頑丈さに憧れましたが(使用者は私ではありませんが・・・)、予算オーバーであきらめ、でもなかなか良いPCが手に入りました。このために、一日、秋葉原をうろうろしました。昔は秋葉原につき合わされるのが大嫌いだったのですが、アキバ、ずいぶん変貌を遂げましたね。

さて、新年に続き、ちょっとチューチューブづいて アップしてみます。
ペシャワールのチャイ屋さん。砂糖投入の芸術的な技をご覧になって見て下さいね。



そしてまた、プラオやカライもおいしそう! 
私はチャイハナ店頭でこのように食事すること、女性だから成りませんが、夫ベーグやガイドたち、ドライバーたちは、こういうところでも美味しいものを食べているのだろうな。
治安状況が許された時にお連れしたお客様にも、「ペシャワールで食べたカバブの味が忘れられない~!」といわれることがあります。もっとも、あまりにも大きなカバブ、食べていたら、なぜか歯がひとつ取れてしまった方がいらっしゃいました。お若いジャーナリスト(男性)だったのですが、あれはなぜだったのだろう?

▼パキスタン旅行会社・取材コーディネーション シルクロード・キャラバンHPはこちら
by silkroad_caravan | 2012-01-08 01:51 | パキスタンあれこれ
アフガンに"水と食糧"を 洪水と闘う日本人 中村医師
夫ベーグがアフガニスタンのジャララバードから戻ってきました。

日本電波ニュース社さんと10年来撮影を重ねている、NGOペシャワール会の新しい取材からイスラマバードに帰ったところです。現地の治安状況がまた緊迫しており、今、残っている日本人は中村先生のみになってしまいました。

折しもその間に、日本ではテレビ朝日『報道ステーション』にて、編集を終えたばかりのペシャワール会の最新映像が特集になってしまいた。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
アフガンに"水と食糧"を 洪水と闘う日本人 中村医師  取材:日本電波ニュース社さん

http://www.youtube.com/watch?v=wxT_8VwUR8s
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


▼パキスタン現地旅行会社・取材コーディネーションシルクロード・キャラバンHPはこちら  
by silkroad_caravan | 2011-02-24 16:27 | アフガニスタンあれこれ
番組宣伝 アフガニスタン ペシャワール会 ETV 
アフガニスタン ペシャワール会のドキュメンタリー放映ご案内です(番組宣伝)

弊社代表ベーグが、日本電波ニュース社さんと共に10年以上、取材に携わらせていただいている、アフガニスタンのNGOペシャワール会のドキュメンタリーが、NHK ETVで放映になりますので、ご案内させていただきます。

d0106555_13272534.jpg■NHK教育テレビ 11月14日(日) 22時~23時■
ETV特集「アフガニスタン 永久支援のために
          ~中村哲 次世代へのプロジェクト~」
NHKホームページ 
http://www.nhk.or.jp/etv21c/index2.html

photo by Silkroad Caravan
d0106555_13352576.jpg

▼パキスタン現地旅行会社・取材コーディネーションシルクロード・キャラバンHPはこちら  
by silkroad_caravan | 2010-11-13 13:36 | アフガニスタンあれこれ
『報道ステーション』で放映になりました~アフガニスタン取材
三寒四温な中にも本格的な春の到来を感じますね。
昨日、我が家の子どもが”つくし”を採って来ました。炒め煮にするほどの量もないので、ただただ、「春だね~」と喜んでいました。
故郷フンザは中央アジアやイランなどと共に3月21日がナウ・ルーズ、新年です。日本の”春分の日”が、向こう世界では元旦! まさにこの元旦の日を境に農業カレンダーもスタート。そう、向こうもまさに春の始まりです。

さて、弊社は昨年の保険精査業務に続き、通関代行業務など、いろいろな依頼がきているこの頃です。ここのところ、旅行業の問い合わせはやや少なく、テレビ取材業やそれ以外の仕事に追われていました。
ゴールデンウイークの旅行のお問い合わせが少なめなのは、ちょっと寂しいです。
d0106555_1856565.jpg
d0106555_1934688.jpg
さて、事前にご案内できなくて残念だったのですが、一昨日3月16日に、テレビ朝日『報道ステーション』で、弊社とはお馴染み、日本電波ニュース社さんと取材をしたアフガニスタンNGOペシャワール会の用水路完成式典の様子が放映になりました。ご覧いただいた方もいらっしゃると思います。


d0106555_194882.jpgNGOペシャワール会さんの活動には、継続して感心を向けられ、見守っていらっしゃる皆さまも多いことと思いますが、現在、治安が悪いアフガニスタンで、今回の完成式典をじっくり取材できたのは、この電波さん制作の『報道ステーション』さんだけだと思います。

*

そしてもうひとつ、先週からフジテレビさんのダウンタウン・スペシャルにパキスタン映像提供するため、一週間ほどを費やしていました。お笑いの仕事まで入ってくるとは! 技術的な部分で、少々、苦労もあったのですが、シナリオ構成案のチェックなどが楽しく、来週末のオンエアが楽しみです。
今日、これから”収録”だと、先ほど、連絡が入ったところ。
この番組の告知はあらためてさせていただきますね。

▼パキスタン現地旅行会社・取材コーディネーションシルクロード・キャラバンHPはこちら   
by silkroad_caravan | 2010-03-18 17:45 | アフガニスタンあれこれ
アフガニスタンの診療窓口にて (今日の一枚)
今日は鳩山新政権発足。夕方以降のニュースはにぎやかになることでしょう。

数年前、夫ベーグは鳩山さんのご夫人、幸さんと、某政治家さん宅のパーティーでお目にかかり、共にキッチンに立ち、パキスタン・カレーを作ったと言っていました。その時、「ミセス鳩山は、非常~に明るく聡明な方で、英語もとても上手だったよ」と語っていましたねぇ。幸夫人がファースト・レディーになられたこと、イスラマバードの空の下~彼も祝福しているでしょう。

パキスタンにも、観光だけでなく、いろいろな方がご視察に来られます。このため時々、VIPのアテンドもさせていただきます。そういうご縁がこういったパーティーにもつながったのですが。夫ベーグにしてみると、過去を振り返り、彼自身が日本人女性と結婚し、日本とのつながりがここまで深くなるなんて思いもせずに、当時、いろいろな日本のVIPのお世話をさせていただいたようです。
もちろん日本に限らず、世界中からいろいろなVIPがお見えになる、当たり前のことですが・・・。
   *
今日の写真は、アフガンから。
d0106555_17243876.jpg
昨年、アフガニスタンNGOペシャワール会(中村哲医師)の、ドキュメンタリー撮影(NHK)を行っていた時の、フリー・タイムでのベーグのスナップです。

診療所の窓口の風景。
ブルカを被った女性の手しか、見ることができません。

後は、みなさん、想像して下さい。。。

パキスタン現地旅行会社シルクロード・キャラバンのHPはこちらから▼
by silkroad_caravan | 2009-09-16 18:35 | アフガニスタンあれこれ
ペシャワール会 伊藤和也くん 追悼写真展へ行って
d0106555_14151145.jpg2001年にパキスタン北部玄関口の街ギルギットで知り合ってから、ずっと親しくしているヒロコちゃんからメールが来ました。

「伊藤さんの写真展に行きませんか」とありました。

私は写真家の友人が多いものですから、
(伊藤さん、、、どの写真家だったっけ?)と思い、

(えっ、伊藤さんって、あの伊藤さん!)と気づきました。

伊藤さんは昨年2008年8月に、ペシャワール会ボランティア・ワーカーとして農業支援していたアフガニスタンの地で銃弾に倒れ、命を落とされてました。

夫ベーグも伊藤さんと知り合いでした。
彼が誘拐された時は、取材陣として従事させていただき、また今年にはNHKスペシャル『菜の花畑の笑顔と銃弾~アフガニスタン 日本人青年が遺したもの』の撮影・コーディネーションもさせていただきました。

伊藤さんが何千枚ものスナップ写真を残されていて、その追悼写真展が開催されているのも知っていたのですが、まさか弊社日本連絡事務所があるここ湘南の地まで巡回されるとは夢にも思わず・・・。

こうしてペシャワール会のサポーターでもあるヒロコちゃんと共に、写真展に昨日、行ってきました。

写真を見るだけで、キャプションを見るだけで、どうしても浮かんでくる涙を引っ込めることができませんでした。伊藤さんの友人だったわけでもないのに・・・。この涙がなんなのか、わからなくなるくらい、さまざまなことが胸の中で去来しました。

アフガンの大地で、農業支援一途に生きた伊藤さんの31年間の人生。
その心中は、悩みや葛藤や喜びに満ちていただろうな。

中村哲医師の言葉が入り口にパネルに貼られていて、その文章の行間を想像し、複雑な心中にもなりました。

この後、北海道に飛び、苫小牧、函館、奥州、盛岡と巡回されるそうです。
ご興味のある方、足を運ばれてみて下さい。

アフガニスタンの大地とともに―伊藤和也遺稿・追悼文集も出版になっています。

▼パキスタン現地旅行会社・取材コーディネーションシルクロード・キャラバンHPはこちら
by silkroad_caravan | 2009-06-09 14:51 | アフガニスタンあれこれ
アフガニスタンのドキュメンタリー 弊社コーディネート番組案内
弊社ベーグがアフガニスタンのジャララバードで撮影&コーディネーションして
来たものが、2月23日(月)にNHKスペシャルで放映になります。

ご存知の通り、治安面からメディアがほとんど入れずにいるアフガンですが、
日本電波ニュースさんとベーグが10年間追い続けているNGOペシャワール会
の活動。今回は1ヶ月間に渡り撮影してきました。
是非、ご覧下さい!
------------------------------------------
2月23日(月)午後10:00~10:50 
NHK総合
『NHKスペシャル』
菜の花畑の笑顔と銃弾
~アフガニスタン・日本人青年が遺したもの~(仮)

NHK番組表から~
http://www.nhk.or.jp/special/onair/090223.html
------------------------------------------

ご参考:ペシャワール会URL

* * *
昨夏、銃弾により命を落とされたNGOペシャワール会の伊藤青年の想い
にスポットを当てつつ、今も現地にひとり残り不屈の活動を続ける中村哲
医師・ペシャワール会の活動をおっています。

銃を突きつけても決して平和は訪れない。

アフガニスンの民が本当の意味で生きていけるようにするためには
荒れた大地に農業を取り戻す、そのためには干ばつで失われた水を
取り戻す、と水路を作り続けているペシャワール会。

1983年発足から25年。
ペシャワール会が医療支援を越えて、飲み水の確保~農村の回復を
目指した農業支援へと舵を切ったのは2000年のことでした。

井戸や水路を掘って掘って・・・乾いた大地に水が通り、緑を取り戻し、
作物が黄金色に実る数年の経過も、日本電波ニュースのディレクター
さんと追い続けてきたベーグでしたが、昨夏には悲しい知らせが入って
きました。

農業支援に取り組む、若いスタッフ伊藤さんの死でした。

現地の人に溶け込み、現地の服を着、現地の人と同じものを食べて、
アフガニスタンの人々の真の幸福を願っていた伊藤さん。

「もうこちらで嫁さんもらって、こちらにずっと住んでしまおうかな」と
冗談めかして語っていた伊藤さんを思い出すと、ベーグ。
「でも僕は悲しまないことにするよ・・・・・・」と。彼の胸の中にもいろいろな
思いがあるのでしょう。

一般のニュース報道からは見えてこないアフガニスタンの現実の一端が
ご覧いただけるかと思います。

▼パキスタン現地旅行会社・取材コーディネーションシルクロード・キャラバンHPはこちら
by silkroad_caravan | 2009-02-20 16:07 | アフガニスタンあれこれ
9月のシルクロードキャラバン事務所は・・・ イスラマバードより
こちらイスラマバードも暑さがゆるんで、しのぎやすくなりました。ペシャワール会伊藤さんの事件も日本でのご葬儀が終わり、報道量も減ってきたようですし、こちらサイドでやれる取材もひと通り終えています。
夫ベーグが、日本でのご葬儀のニュースを横目で見ながら私に、「伊藤さんのご両親は息子さんの死に際し、ずいぶん立派な発言をされたそうだね。なかなかできることじゃない」といいました。「本当にそうね・・・」と私もいいました。
今回の事件により、日本政府の今後のアフガン関与へおかしな影響を与えなければいいな、と思います。
昨日、お父さんが若い頃ペシャワール会を取材されて父娘2代に渡って会を見続けている友人Mちゃんが、「誰がどんなことを言ってもペシャワール会の行動の正しさは必ず歴史が証明すると思います。伊藤さんの撒いた種がきっと実を結ぶと信じています。」とEメールをくれました。歴史・・・か。そうだよね、私もそう思います。

私は久しぶりのイスラマバード戻りです。夫ベーグは引き続き取材、『911同時多発テロ事件から8年』です。その後は、地球温暖化がらみのドキュメンタリーが控えており・・・。
若いスタッフも朝、ふたり連れ立ってペシャワールにリサーチへ出かけてしまいました。普段ズボンをはいている彼らが、今朝はシャルワール・カミーズに丁寧にアイロンをかけているので、(朝っぱらから、なんでアイロンがけしているんだろ?)と思っていたら、朝食の席にそのアイロンかけたてのシャルワール・カミーズを纏い着席し、「姉さん、ペシャワールへ行ってくるね」と。
さて、私の方は、どちらにしても、幼な子がふたりいて、フットワークが軽くはならず、今日も自宅兼オフィスにおります。月末月初の仕事をちょこっとし、次は冷蔵庫の整理。やっと落ち着いた気分で冷蔵庫や食料棚をあけると、旅行会社の添乗員さんやNGO、ジャーナリストの方々が置いていってくれた様々なレトルト食品や、カップ麺、ぽんずやら、梅干やら、乾麺などがどっさり入っていました。特に梅干は、笑ってしまうくらいたくさんあって、数年梅干には困らないくらい。梅干は大好きですが・・・。
個人のトレッキングのお客さんなどが置いていってくれるのはインスタント食品や、珈琲などが多いのですが、NGOの方など短くない滞在を想定されているので、乾燥みそ汁の具とか、乾燥納豆、とか知恵が感じられます。いずれにしてもありがたい。日本食なのに、中東の文字や、アジアの文字でかかれていて、自分の居ない間にテレビ局各地域の支局の方々が置いていったのだとわかり、これも笑えました。

他には、○○診療所と書かれたテレビ局内クリニックの処方した薬とか。もう必要ないでしょうから処分処分、っと。

さてと、これから4日よりスカルドで始まるk2トレッキングでの最終確認や、来年の見積もりなどをしまーす。それでは、みなさん、また!

▼▲パキスタン現地旅行会社シルクロード・キャラバンのHPはこちらから▲▼
by silkroad_caravan | 2008-09-01 19:51 | パキスタンあれこれ
アフガニスタン ペシャワール会 伊藤さんの事件の後
伊藤さんのご遺体は日本のご家族の元へ戻られたころでしょうね。
伊藤さんのやり遂げようとしたことが、“食料の自給”と“安定を通じた平和
だったと、今日の新聞で読みました。長期のビジョンを持ったその長い道のり、
まだご自身の手でやりたいこと、目で見たいことがたくさんおありになったこと
でしょう。

弊社にたくさんある、この10年間のベーグ撮影によるペシャワール会の写真。
これはペシャワール会さんの写真と思っていますので、うちでお見せすることは
控えていましたが今回、会の活動、百聞は一見にしかず・・・そんな気持ちで、
数点、アップします。

All photo right by Amin Ullah BAIG, Silkroad Caravan
写真の無断転載はかたくお断りいたします
d0106555_1371894.jpg

ペシャワール会が完成させた水路
d0106555_139499.jpg

荒地がみどりの大地へ。ほんの数十年前まで旅人たちが、
理想郷のようなところだと言ったアフガニスタンがあった。
ペシャワール会の活動で、大地にみどりが、作物が戻った。
d0106555_1524541.jpg

d0106555_13917.jpg

水汲み
に来た子どもたち
d0106555_141142.jpg

井戸を見るスタッフの方と現地の人々
d0106555_1412949.jpg

真ん中右にドクターサーブ中村先生が見える
d0106555_1421187.jpg

先生の話を聞く村人たち
d0106555_2212030.jpg

d0106555_1424673.jpg

ブルトーザーを操作する中村先生
d0106555_1431957.jpg

ペシャワール会用水路の技術師ヌール・ザマン氏(右)と弊社ベーグ(左)
d0106555_2215193.jpg

用水路の門を作る風景
by silkroad_caravan | 2008-08-31 01:59 | アフガニスタンあれこれ
アフガニスタン ペシャワール会伊藤さん拉致事件 3
昨日、今日と夫ベーグは民放テレビ朝日さんと共にイスラマバードから、アフガンの現地アシスタントに指示出しし撮影してもらった映像を衛星で東京に送る、という遠隔作業をずっとやっていました。

昨日のブログでは、昨日28日、ブディアライ村での伊藤さんお別れの会で、180人の村人がお別れに参列と書きましたが、これは室内の人数でした。室内に入りきらない数百人の村人たちは外で、あるいはその後、ヘリコプターで伊藤さんのご遺体が搬送される場で、お別れされたそうです。
「恩を仇で返すことになってしまい恥ずかしい。どうか全てのアフガン人がそうだとは思わないで欲しい」。そういった現地の声や、伊藤さんを讃える村人の声が多数あったそうですね。もし自分がブディアライの村人だったとしたら・・・、やっぱり同じように思う、と思います。犯人捜索では、村人たちも一丸となって、加わったそうですね。

今日のネットのニュースにて、伊藤さんがこれまでにご自身のカメラで撮影された300枚の写真の一部を拝見しました。

私もペシャワール会のテレビドキュメンタリー撮影中に夫ベーグが写したスナップ写真をこれまでずっと見てきました。疲弊した大地、何年も続く厳しい旱魃風景、戦闘で荒れた土地、中村先生が自らブルトーザーを操作する姿(最初、びっくりしました)、村人たちが用水路を作る風景、現地の人たちと共に働く日本人の若いスタッフの方々、メスでなくブルトーザーを握るようになったドクターサーブ中村がタバコで一服される姿、先生たちのために野外でチャイをつくる少年、そして最近では黄金色に実る作物、緑の大地、立派な水門

それにしても伊藤さんが写したという、黄色い花が絨毯のように広がる畑で微笑む少女などいくつかのスナップに、見入ってしまいました。何かこう・・・打たれるものがありました。

荒地を何時間も水汲みに行かなければならなかった女や子どもたちが、近くで水を汲み、花や収穫に微笑むことができる大地になる。大変なスケールで水を作り出し、みどりを戻して、現地の人々が本当の意味で生きていけるようにしてきたペシャワール会。
All photos copyright by Amin Ullah BAIG, Silkroad Caravan
写真の無断転載をかたくお断りします
d0106555_16513821.jpg

亡くなった方が美談や、時に伝説めいていくことが、あまり好きではない私ですが、
それにしても乾いた大地で、現地の人々と共に、自分の損得を度外視し、志を持って現場で働いてこられた伊藤さんという立派な青年の早すぎる死に、心よりご冥福をお祈り申し上げます。

ご両親のご無念、いかばかりか。ご立派な息子さんを持たれたのですね。どんなにご立派でも、こういうお別れに胸がつぶれる思いでいらっしゃることと思います。いつか機会に恵まれましたら、伊藤さんの見た感じた風景や人、生活の写真の数々をなんらかの展覧会にして見せていただけたらペシャワール会のサポーターとして幸せです。
 *
今、夫ベーグからの電話で、伊藤さんのご遺体が中村先生と共にカーブルからドバイ経由で日本へ向けて飛び立った映像の電送が終わった、と連絡が入りました。
ペシャワール会の皆さん、これからも応援しています。

▼▲パキスタン現地旅行会社シルクロード・キャラバンのHPはこちらから▲▼
by silkroad_caravan | 2008-08-29 22:57 | アフガニスタンあれこれ



フンザへ嫁ぎ、パキスタン政府公認現地旅行会社&取材業に励む日本人女子が綴る仕事最前線やスローライフ。アフガニスタン取材も得意。Silkrad Caravan Tour, TV Media coverage
by silkroad_caravan
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
弊社は 

シルクロードキャラバン社

現地旅行会社&
取材・コーディネーション
パキスタン政府ライセンスNo.889
PAKISTAN, AFGHAN
テレビ雑誌取材/リサーチ/
通訳/版権交渉/
NGOロジスティクスサポート

旅行業
: フンザの旅/
パキスタン北部トレッキング
/仏教の道/ガンダーラ/
シルクロード/世界遺産/時々イランや中央アジアも
代表アミン・ウラー・ベーグ
Tel: 046-875-1686
タグ
カテゴリ
全体
フンザ
パキスタン北部あれこれ
パキスタンあれこれ
アフガニスタンあれこれ
イランあれこれ
中央アジア
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 01月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
ライフログ
オクサスとインダス
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧