タグ:フードライフ・スローライフ ( 33 ) タグの人気記事
ザ☆小麦料理圏 これはグラル~フンザより
d0106555_143757.jpg
フンザにももうすぐ春がやってきます。
日本の春分の日、3月21日が現地のお正月。ノウルーズといいます。みなでお祈りをして、また、新芽や柳を使って儀式をとり行います。新芽や柳でご想像がつくかも知れませんが、この日は、農業のスタートの日でもあります。

写真はフンザで特別な日に作るグラル。小麦を自給自足する彼らが、来客があったり特別な行事の日に食べるものです。チーズや、杏のジャムをはさんで食べると絶品です。小麦の味と、酸味と甘みのハーモニー。

(私も今年はフンザに帰るぞ)、と思いながら、お客様のご旅行手配の方が最優先の毎日です。

パキスタン旅行会社・取材コーディネーション シルクロード・キャラバンHPはこちら


by silkroad_caravan | 2017-02-17 08:04 | フンザ
日本のこんなものが役に立っていた! 賽銭入れ・フンザにて
日本のガムが入っているこのケース、余計なゴミを生み出すようで、まったく好みではないのですが、私の家族(パキスタン人)はよく買っている様子。

そのケースがフンザの姑に役立っているようで、フンザの実家の戸棚を開けて、思わず笑ってしまいました。

ジャマット・ハナでお祈りする時に出す、いわば賽銭を集めて入れてあるのでした。

日本人からお土産でいただいた菓子折りの箱や包装紙なども大事に使っている様子。
世界のこんな端っこで役に立っているのですね、日本の商品の外装箱。
d0106555_12015422.jpg
▼パキスタン旅行会社・取材コーディネーション シルクロード・キャラバンHPはこちら



by silkroad_caravan | 2014-08-01 12:09 | フンザ
フンザのあんずで作ったケーキ ~フンザの甘さと酸っぱさと~
シルクロードキャラバン社・湘南事務所が、
いつもフンザのあんずを差し上げている
葉山の”粉ものあつかい くうら”さん(天然酵母パン屋さん)。

その”くうら”さんが、フンザのあんずをこんな素敵なケーキにしてくれました。

それは、あんずと黒豆のコラボレーション(*゚▽゚*)
d0106555_1953846.jpg
フンザのあんずを差し上げると、みなさん、「オイシイ!」と絶賛して下さるのですが、
口の中で、その甘味だけでなく、酸味も広がる感じがいいのです。
しかも黒豆との出会い。
和菓子にも通じるような、その美味しさ。
ふわふわのケーキでなく、なかなかずっしりお腹にもたまり、軽いお食事がわりにもなってしまいそう。

春めいてきた日差しの下でいただきました。

▼パキスタン旅行会社・取材コーディネーション シルクロード・キャラバンHPはこちら
by silkroad_caravan | 2013-03-09 19:13 | フンザ
パキスタン南部も面白かった! 2013年年頭に
          松の内、おめでたさを感じる写真を一枚。
d0106555_1641332.jpg
パキスタン南部 セーワン・シャリーフ バザールでの一枚です。
旅の手配も取材も、パキスタン南部はさほど多くないのですが、昨年、民放のテレビ取材で南部の撮影をじっくりしまして、あらためて民族や文化の多彩さを感じた次第。
コーディネーターとして入った社長ベーグは、大学時代をおくった懐かしさがいっぱいのカラチを拠点に、スィーフィズムやインダス文明とがっぷり向き合いました。

年初めはドキュメンタリー企画打ち合わせでスタート。
その後は、報道取材かな、と。
ご旅行のお問い合わせもお待ちしております。

▼パキスタン旅行会社・取材コーディネーション シルクロード・キャラバンHPはこちら
by silkroad_caravan | 2013-01-06 16:13 | パキスタンあれこれ
カブール旧市街 2012 夏 ~今日の一枚~
そろそろ新規のお問い合わせがほぼ終息、これからご出発のお客様を残しつつも、だんだんトレッキングとツアーが一段落しつつある季節になります。

今日は、7月にアフガニスタン取材の合間に写真をドッサリ撮ってきた社長の、カブール旧市街の一枚。
日本の方が、アフガニスタンの庶民のたくましさ・笑顔に触れられる期間がなくなっている現在、今日もたくましく生きるこんな笑顔をお届けします。
d0106555_1359295.jpg

by silkroad_caravan | 2012-08-08 14:01 | アフガニスタンあれこれ
フンザ 家の中 と、塩のチャイ
フンザの家の中をご紹介。
氷河散策の後に、お客さまをお連れして従妹の家に立ち寄ったときのスナップです。私の中で、フンザの家の中の静けさがよみがえります。
d0106555_1328042.jpg
これを見ると、家を美しく飾るのは、やっぱりお嫁さんの務めだなぁ、と思ってしまいます。従妹がお嫁に行って、客間を美しくしたのだと思うと、嬉しくなりますネ。彼女は、縫い物も得意ですから座布団やクッションはお手製のはず! 

お客さまのために、庭のりんごを皿に並べているのがわかります。

テーブルの場所は、テーブルをどけると竈(かまど)になっているのが、伝統家屋のスタイルです。この家では、普段の煮炊きは別の部屋でやっているのでしょう。

トップライトが効いているのは、ラテルネンデッキという彼らの伝統的な天窓から、外光が入ってきているからです。

そして、こちら↓ ちょっと珍しくないですか。ガイドを務める弟が、チャイにパキスタンの岩塩を使おうとしているところです。最近、日本でも、ヒマラヤの塩などと銘打ってたくさん売られているものの塊です。ティーカップにそのまま、くるくる回して入れ、少し塩味にします。
         ソルティー・チャイ~これまた甘いチャイとは違う意味で、いいものです
d0106555_1334399.jpg
▼パキスタン旅行会社・取材コーディネーション 
シルクロード・キャラバンHPはこちら
by silkroad_caravan | 2012-04-27 13:48 | フンザ
パキスタンバザール② in 代々木公園
先日、行われた日本パキスタン国交60周年記念 パキスタン・バザール2012は天候に恵まれ、おいしいパキスタン屋台やカッワーリーなどミュージックのステージ、ファッション・ショーとずいぶん盛り上がり、賑わいました! たくさん写真を撮ってきましたが、一部、ご紹介。
          エンディング・ステージ
d0106555_1827287.jpg

          シャルワール・カミーズのファッション・ショー
d0106555_18255999.jpg

          パキスタン・フードもにぎわい、場所が場所だけに(代々木公園)、
          カレーのにおいに誘われて集まる方も多数!
d0106555_18283515.jpg

          パキスタン大使・ナジールサビル氏・弊社代表ベーグで記念写真!
d0106555_1829265.jpg
弊社ベーグもNGOの方と旧交をあたためたり、弊社を利用で観光に来て下さった懐かしいお顔との再会、カッワーリーで踊りまくり、と充実の1日だったようです。弊社のお客様曰く、「想像より日本人だらけで驚いた!」とのことでした。

企画から開催までのご尽力されたパキスタン大使さん以下、関係者の方々に頭が下がります。

▼パキスタン旅行会社・取材コーディネーション シルクロード・キャラバンHPはこちら
by silkroad_caravan | 2012-04-04 13:11 | パキスタンあれこれ
パキスタン(ヒマラヤ)の岩塩 日本でこんな商品も!
元々、弊社のお客様で、今では私どものアニキ・アネキ分でもある友人夫妻を訪ねて、八ヶ岳に行ってきました。2004年以来、時々、訪ねては美しい八ヶ岳で旧交をあたため、つかの間の休息をいただいています。

今回は、八ヶ岳の”道の駅”でパキスタンの岩塩が可愛らしい商品になっているのを発見!”ヒマラヤの塩”だとか”ガンダーラの塩”など、いろいろな名前をつけられていて、知名度が上がっていることは知っていたのですが、こんなお土産商品になっているなんて!
d0106555_0545046.jpg
    裏面を見ると、すべての塩に原産パキスタンと書いてあった!

太古~約3億5000万年前のお塩でミネラルたっぷり。お料理・盛り塩・お風呂まで多様に使われているようです。
(3.11以降、海洋汚染が一切ない、というだけでも魅力に思えてしまいますね(泣))。
最近、お寿司屋さんでもネタによっては、このパキスタンの岩塩を使っている、という話も聞きました。

我が家には常に、岩塩~塊のまま、キッチンにころがっていて、あまり有りがたく感じることもないのですが、あらためてこんなに身近に素晴らしい塩があることに気づかされます。

こういった粉末になった商品もいいですが、岩塩のまま入手されて、おろし金でお料理に使ってみるのも楽しいですよ。もちろん美味しいですし。

ピンク色、というか珊瑚の色で、飾っておいても綺麗です。

おっととと、弊社は旅行会社でした!

この世界最大級の岩塩山脈はイスラマバードとラホールの間にあり、観光スポットのひとつです。
「山脈全体が岩塩」とお聞きになると、仰天しませんか。
この塩山、アレクサンダー大王の東方遠征時、野営地でアレクサンダーの馬が地面をぺろぺろ舐めていることで発見されたとか。
塩山の中は見学が可能です。
中は、プラネタリウムのようにキラキラしていて、とーてーも雰囲気があります。
世界遺産ラホールやロータス・フォートの旅で、ご一緒にここを訪ねられるお客様も多いですよ。日本人の知らない幻想的な風景と言えますね。

▼パキスタン旅行会社・取材コーディネーション シルクロード・キャラバンHPはこちら
by silkroad_caravan | 2011-11-28 14:10 | パキスタンあれこれ
マンゴーとライチ
パキスタンが誇るマンゴーの季節がもうすぐ終わりです。
街角の果物屋さんの写真をご紹介しましょう。
d0106555_15124617.jpg
d0106555_15131274.jpgこちらはライチ! 
日本で食べるライチは冷凍ものですから、フレッシュなライチは珍しいと思います。

初めてパキスタンでフレッシュなライチジュースを飲んだ時は感激したものです。
食べて美味、飲んでも最高なパキスタンのマンゴーとライチです

▼パキスタン旅行会社・取材コーディネーションシルクロード・キャラバンHPはこちら
by silkroad_caravan | 2011-06-22 16:19 | パキスタンあれこれ
フンザの杏の花 + 絶品カブール・レストラン イスラマバード
春のフンザ旅行の手配が忙しくなってきました。
定番、杏の花が目的でフンザに訪問される方、あるいはサラリーマンの方が貴重なゴールデンウィークを使ってのフンザ行きといったところでしょうか。
  *
さて夫ベーグは昨晩、元海外青年協力隊Tさんと弊社ガイドSと、地元では評判のカブール・レストランへ。

Tさんはとは、昨年、パキスタン大洪水後、NGOさんの緊急援助活動で弊社の車両レンタルをしていただいて以来の再会。
今回はTさん、これまで関わって来られたパキスタン現地NGOを再訪する旅。ウルドゥー語がお上手で、なんといっても、ずっとパキスタンと関わり続けてくださっている、愛あふれる青年なのです。

そのTさんが、ブログにこのカーブル・レストランのリポートがアップされていました! 
美味しいものに目のない方、エスニック料理好きの方はご覧下さい。
http://www.ktc-johnny.com/2011-03-04-kabulrestaurant.html

アフガニスタンの串焼きのカバブやティッカ。もう~死ぬほど、美味いのです。
(昔、一番最初にこの串の長さを見た時は、正直、怖かったです。
日本の焼き鳥とは似ても似つかない長さと大きさ)。

カバブの動画では、夫ベーグが説明しています。プライベートタイムに至っても、どうしてもガイド&コーディネーターのような発言になるのは職業病か!

アフガン料理は、パキスタン料理に比べるとスパイスが少なめです。ほんのり甘い料理もあります。日本のインド料理屋さんのメニューで、”カブリー・ナン”というのをご覧になった方もいらっしゃるでしょうか。”カブリー”は、”カブールの”ですね。これも甘いナンで、私も目がありません。このナンは、パン(ナン)として食べているのか、スイーツとして食べているのか分からなくなることがあります。

Tさんも、ガイドのSも、すぐまた移動日でしたから、束の間の再会~そしてお別れです。

そしてTさん、今日の食事はハリーム・ガル(レストラン)へ行ったとか。やるなー! こちらも地元評判の美味しさなのです。こちらは南部カラチの味、庶民派レストランですね。

▼パキスタン現地旅行会社・取材コーディネーションシルクロード・キャラバンHPはこちら  
by silkroad_caravan | 2011-03-06 16:26 | パキスタンあれこれ



フンザへ嫁ぎ、パキスタン政府公認現地旅行会社&取材業に励む日本人女子が綴る仕事最前線やスローライフ。アフガニスタン取材も得意。Silkrad Caravan Tour, TV Media coverage
by silkroad_caravan
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
弊社は 

シルクロードキャラバン社

現地旅行会社&
取材・コーディネーション
パキスタン政府ライセンスNo.889
PAKISTAN, AFGHAN
テレビ雑誌取材/リサーチ/
通訳/版権交渉/
NGOロジスティクスサポート

旅行業
: フンザの旅/
パキスタン北部トレッキング
/仏教の道/ガンダーラ/
シルクロード/世界遺産/時々イランや中央アジアも
代表アミン・ウラー・ベーグ
Tel: 046-875-1686
タグ
カテゴリ
全体
フンザ
パキスタン北部あれこれ
パキスタンあれこれ
アフガニスタンあれこれ
イランあれこれ
中央アジア
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 01月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
ライフログ
オクサスとインダス
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧