タグ:トレッキング ( 53 ) タグの人気記事
スワートの奥にあるカラムより
d0106555_18513529.jpg
北部を中心にあちこちで、夏のツアーが始まっております。

この写真は、スワートの奥の方にある街カラム。

スワートも昔は”東洋のスイス”と呼ばれたそうです。

日本のお客様でここまで訪れる方は、ほとんどいらっしゃいませんので、大歓迎されたことでしょう。
すがすがしい風景をご覧ください。

パキスタン旅行・取材コーディネーションシルクロード・キャラバンHPはこちら

by silkroad_caravan | 2017-07-06 18:55 | パキスタン北部あれこれ
氷河でマンゴー 2015夏
この夏の思い出。

バトゥーラ氷河を眺めながら、日本の女子、パキスタン南部から運んできたベスト・シーズンのマンゴーを食べる!

最高ですね!

氷河をパキスタン南部に持っていくわけにはいきませんが、マンゴーを氷河まで運ぶことは可能です(笑)。

アッパー・フンザ、パトゥンダスのコースをトレッキングされたお客様が送って下さった写真より。
Sさん、また来てくださいね。
(パキスタン、ちっとも怖くなかったでしょ!)
d0106555_01393488.jpg
パキスタン旅行会社・取材コーディネーション シルクロード・キャラバンHPはこちら

by silkroad_caravan | 2015-10-18 01:45 | フンザ
古シルクロードの道~バブサル峠
2015年は数組のお客様に、パキスタン北部へのルートとしてバブサル峠(高度4100m程度)をご利用していただけました。
カラコルム・ハイウェールートより、2,3時間は行程短縮となり、お体も相当楽になります。そしてなにより、カラコルム・ハイウェー~あの延々とインダス川に沿って断崖絶壁を往く どことはない恐怖を感じなくて済みます。

夏だけ走行が可能になるルートで現在はもう雪の到来があった頃でしょう。

7月~9月 道はやがて緑に覆われた村や草原、草を食むヤギや羊という風景に包まれ、清流が現れ、蜂蜜をとるための鉢の巣箱を傍らに山道を延々と行きます。

そして、切るような風にさらされながらもバブサル峠に立った時の気分は最高ですね。
峠前後は、ほんの一時間の間に急速に上がり、バブサル峠から急速に下がります。あまり高山病のご心配もありません。

日本の公式な立場にいらっしゃるご公務やそのご家族の方たちは、バブサル峠経由のルート走行は禁止になっているそうで、この風景をご覧いただけないのは残念です。

みなさまもチャンスがおありになりましたら、古のシルクロード、三蔵法師も通ったというこのルートをご利用なさってみて下さい。
d0106555_14013151.jpg
三蔵法師も通ったこの古道、これまで旅人には開放されていなかったのですが、
近年ジープで通行可能になりました。
d0106555_13565086.jpg

カシュガル、タシケント、カブール、テヘランと国境を越えて指し示されている場所に大陸を感じます。

d0106555_13592385.jpg
このルートには、ジープが似合いすぎます
実際、普通車で上り下りして途中で故障している車を何度も見ました( ;∀;)

d0106555_13562448.jpg
9月の頭には、放牧に出ている人たちもこの夏の放牧を終えようという時期でした。風が冷たい。

パキスタン旅行会社・取材コーディネーション シルクロード・キャラバンHPはこちら

by silkroad_caravan | 2015-10-01 14:29 | パキスタン北部あれこれ
カラコルム・ヒマラヤトレッキング シーズン終了2015
今シーズンは、冒険家の石川直樹さんのK2トレッキングに始まり、シルバーウィークのお客様たちにて、シーズンが終了。
毎年のことですが、心からホッと一息をついています。

パキスタンはこわい、というイメージはなかなか消えませんから、そこに抗うのは無駄ですが、実際はどのツアーも平和に安全に終わりました。(イスラム国のことを聞かれることがありますが、パキスタンには影響ありませんよ。)

ひとつだけあげれば、自然災害に見舞われ、弊社のお客様が移動した直後を追いかけるように北部各地で洪水が起こり、お客様の泊まった部屋がその後、洪水で流されてしまった、というギリギリセーフで済んだこと件がありました。これは運に守られるようなタイミングだったな、と胸をなでおろし、振り返っています。

最後のシルバーウィークのお客様がたくさん写真をご提供くださり、パスー氷河で手を振るカットを一枚アップさせていただきます。

日本の山ガールもカラコルムに来て下さるようになって、おカミの目にも涙なのでした(^^)
d0106555_12401922.jpg

▼パキスタン旅行会社・取材コーディネーション シルクロード・キャラバンHPはこちら


by silkroad_caravan | 2015-09-28 16:09 | パキスタン北部あれこれ
シーズンたけなわ 2015 パキスタン北部 バブサル峠より
今年もシーズンたけなわです。

日本人冒険家 石川直樹さんのK2・バルトロトレッキングでシーズン開幕した今年のシルクロード・キャラバン社。

パキスタンはコワいイメージ定着しているのか?数は少ないですが、素敵なお客様に恵まれて、ご出張手配や、学者さんの目的ある調査旅行などいろいろ手配させていただき、次々、安全に充実のツアーを終了しつつあります。

写真は、ヒマラヤ・カラコルムへ向かう夏だけの道、バブサル峠4173mの石碑。
カシュガル、タシケント、北京、カブール、カラチ、テヘラン…続いていく道に大陸の雄大さを感じます。
パキスタン人も憧れる避暑地帯でもあります。
雪が融ける夏だけの道なのですよ。
d0106555_16594401.jpg
▼パキスタン旅行会社・取材コーディネーション シルクロード・キャラバンHPはこちら



by silkroad_caravan | 2015-07-24 17:08 | パキスタン北部あれこれ
2015今年もよろしくお願いいたします
明けましておめでとうございます。

パキスタンにご旅行に来られるお客様は今年も多くはないと思いますが、
熱烈、「行きたい!」とお問い合わせして下さるリピーターを含めたお客様や、
「本当のパキスタンの一面を伝えたい」と企画を持ちかけて下さるテレビ制作の方々の
ために、今年もがんばりたいと思います。
今年もよろしくお願いいたします。
d0106555_17332492.jpg
写真はラホールのバード・シャヒー・モスク
雑誌撮影の折りの一枚です。
この荘厳で巨大なモスクの冷たい大理石に、たたずんでみるのも素敵です(^_-)

▼パキスタン旅行会社・取材コーディネーション シルクロード・キャラバンHPはこちら

by silkroad_caravan | 2015-01-09 17:42 | パキスタンあれこれ
フンザの親戚セミナ パキスタン・カラコルムを代表し、エベレストへ
フンザ最奥シムシャール村出身の親戚の娘セミナ・ベーグが、パキスタン・カラコルムを代表し、現在、ネパールのエベレスト (8848m)登頂を目指しています。
~First  Pakistani  Gender  Equality  Mt.Everest  Expedition~ 

エベレスト60周年記念行事のひとつでもあり、ジェンダーを超え、パキスタンの女性として初めての登頂を目指します。セミナ、21歳、まだ学生です。
d0106555_12572589.jpg
有名なヒラリー・ステップから登頂へ向けて
d0106555_13232950.jpg
↓小さかった頃のセミナ
d0106555_13121417.jpg私の知る小さなセミナがここまでに成長したとは、叔母として涙が出るほど嬉しいことです。

現在ではその才能に、外国からの支援も受ける彼女ですが、パキスタンの秘境フンザ、その最奥村の少女が才能を開花させた一番の要因は、やはり家族(一族)の支え・サポートに他なりません。
叔父・兄弟たちの多くが登山家のセミナ、今回は兄の強力バックアップを受け、パキスタンの女性を代表して挑戦です☆

スワートで、タリバンに銃撃されたマラーラ・ユスフザイさんの件が世界中で報道になった後だけに、より一層大きなトピックスに感じられます。

▼パキスタン旅行会社・取材コーディネーション シルクロード・キャラバンHPはこちら
by silkroad_caravan | 2013-03-17 13:46 | パキスタン北部あれこれ
2012年オンシーズン真っ盛り
「日本山岳会福島支部とパキスタンの、日・パキ合同登山隊、6000m級未踏峰に登頂! 未踏峰の山の名前は、”希望の峰”と命名」という素敵なニュースは、先に私のブログでもお知らせした通りです!

http://silkroadc.exblog.jp/16491113/

弊社社長ベーグが日本に帰国した昨日、この”希望の峰 遠征隊”の大きなチームのみなさんとパキスタン航空でご一緒になりました。ベナジール・ブット・イスラマバード国際空港では、現地側総責任者 ナジール・サビル・エクスペディションのナジールさんに見送られ、会話もはずむ楽しい便になったとのこと。偶然、ベーグは、総隊長の宮森さんと座席も前後で、山の話や共通する友人の話で楽しく時を過ごしたようです。

”ふくしまからはじめよう”がキャッチ・コピーで、日本・パキスタン国交樹立60周年記念、また、日本山岳会福島支部さんの創立65周年記念でもあった、このカラコルム6000m峰初登頂が、本当に福島のみなさんの希望、そして日本とパキスタンをつなぐ希望になって欲しい、と、日本人として、また日本とカラコルムをつなぐ人間のひとりとして、願わずにはいられません。隊のみなさま、(私は何もしていないのですが、、、)おつかれさまでございました。

      ~空港で総隊長の宮森さんと~d0106555_13272376.jpg
さぁ、弊社もまだトレッキング中のお客様(~希望の峰チームと同じく、シムシャール村方面でのトレッキング・登山が多く)もあり、これからご出発のお客様もあり。観光や自転車ツアーのお手伝いなど、てんてこまいしております。このまま、みなさまが無事、笑顔でご帰国されるまで、もうひとがんばりするつもりです。

▼パキスタン旅行会社・取材コーディネーション シルクロード・キャラバンHPはこちら
by silkroad_caravan | 2012-08-04 23:06
パキスタン北部 トレッキング・シーズン 相半ば 2012
何組ものトレッカーや登山家、旅行者が無事ご帰国~そしてまたご到着が続いています。にぎやかなシーズンです。ご無事にお帰りになるお客様たちには、若干の清算なぞ残務がありつつも、何せお怪我もなく無事、お帰りなのですから、ともかくもホッとする瞬間です。

この写真はラカポシ見ながらランチしているトレッカーたちです。最高ですね!
                                 photo by The Hunza vally
d0106555_14335649.jpg

まだまだ8月後半~9月に向けてプラン中というお客様のご相談中ですが、一時期ほどの忙殺はなく、コツコツやっているこの頃です。中国横断や、自転車ツアーなど、ひとひねりあるツアーもありますが、それもまた楽しい!

▼パキスタン旅行会社・取材コーディネーション シルクロード・キャラバンHPはこちら
by silkroad_caravan | 2012-07-29 14:41 | パキスタン北部あれこれ
日本山岳会福島支部とパキ合同登山隊、6000m級未踏峰に登頂!
素晴らしいニュースが入ってきました!
日本とパキスタンの間にいる者として、こんな素敵なニュースは久しぶりです。

日本山岳会福島支部とパキスタン人登山家の合同登山隊、19日と20日に2つの6000m級の未踏峰に登頂に成功。日本人隊員3人とパキスタン人隊員4人による登頂。

パキスタン・日本国交60周年記念と日本山岳会福島支部65周年記念を兼ねた合同登山隊で、「ふくしまから はじめよう!」と計画された企画だとお聞きしました。

未踏の無名峰に登頂すると、パキスタン政府から命名権が与えられるため、福島の復興を願って「希望の峰」を意味する「ウメディー サール」と名付けられるそうです。
関係者の皆様、おめでとうございます。

隊長の宮森常雄さん(80歳)は、パキスタン・ラバーズの間では、ナカニシヤ出版から発行されている『カラコルム・ヒンズ-クシュ登山地図』の著者でも有名な方ですね。弊社では、この垂涎の地図、高価で、いまだに入手できないのですが・・・。

パキスタン現地側は、我らが敬愛するパキスタン北部の紳士、そしてドンの、ナジール・サビル氏率いるナジール・サビル・エクスペディションが全手配をされていらっしゃいます。
  http://www.nazirsabir.com/

今年は、5月になってから降った雪の残雪や、悪天候で、7月頭までどの欧州隊もノー・サミットが続いていたと聞いておりますので、その後に入ってきたこの素晴らしいニュースに、ついブログを書くのを忘れ、パキスタ二・ラバーズたちと盛り上がっていて、やや遅めのアップになってしまいました。

福島復興の希望の峰、そして日本・パキスタン友好の希望の峰になるといいですね!

弊社では、直後、ナジール氏のお祝いのやりとりをさせていただきましたが、今後ゆっくり、現地側として、ナジール氏から”ホープ・ピーク”のお話を伺いたいものです。

ちなみにこのシムシャールという場所は、私の親戚がとても多い村で、(もうそこはパミール!)という、それはそれは美しいところですよ。フンザの最奥ですね。弊社でもこの夏、何組か、登山あるいは、トレッキングでお連れしている地域でした。

▼パキスタン旅行会社・取材コーディネーション シルクロード・キャラバンHPはこちら
by silkroad_caravan | 2012-07-23 14:39 | パキスタン北部あれこれ



フンザへ嫁ぎ、パキスタン政府公認現地旅行会社&取材業に励む日本人女子が綴る仕事最前線やスローライフ。アフガニスタン取材も得意。Silkrad Caravan Tour, TV Media coverage
by silkroad_caravan
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
弊社は 

シルクロードキャラバン社

現地旅行会社&
取材・コーディネーション
パキスタン政府ライセンスNo.889
PAKISTAN, AFGHAN
テレビ雑誌取材/リサーチ/
通訳/版権交渉/
NGOロジスティクスサポート

旅行業
: フンザの旅/
パキスタン北部トレッキング
/仏教の道/ガンダーラ/
シルクロード/世界遺産/時々イランや中央アジアも
代表アミン・ウラー・ベーグ
Tel: 046-875-1686
タグ
カテゴリ
全体
フンザ
パキスタン北部あれこれ
パキスタンあれこれ
アフガニスタンあれこれ
イランあれこれ
中央アジア
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 01月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
ライフログ
オクサスとインダス
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧