フンザのアッタバード湖 夏の思い出
氷河に囲まれたフンザはまだまだ厳冬期。
農閑期の冬~最大の娯楽”結婚式”の楽隊の音色だけが風に乗って流れてきそうな、
そんな気がします。

こちら湘南事務所では、のんびりとしたスタートながら、春のご旅行手配が始まりました。

取材業の方は、民放向けのバラエティー・ドキュメンタリー撮影でスタートを切ることに!
d0106555_03161183.jpg
写真は、お客様にご説明をしていて思い出した、アッタバード湖の昨夏の写真。
フンザのボランティア活動をする女性たちのピクニック一団と一緒になり、華やぎのある乗船となりました。
d0106555_03175342.jpg
中には、こんなおばさんも037.gif 
チャイのおたまで湖の水をすくって、ごくごく飲んでいます。
あきれて眺めるまわりの人有り、「私にもちょうだい」という人も有り。
~パミール山系の氷河の融水ですからミネラルたっぷりでしょうが、
日本人が飲んだら、きっとお腹を壊してしまいますね~

▼パキスタン旅行会社・取材コーディネーション シルクロード・キャラバンHPはこちら

# by silkroad_caravan | 2014-02-01 03:31 | フンザ
風の谷フンザで風車を吹く少女  
フンザは、厳冬期の最中。
氷河おろしの身を切るような風が吹きつける頃。

向こうから送られてきた”雪がどっさりの写真”に驚く。
男たちがカラコルム・ハイウェーの雪を懸命に払わらないと物資の流通も止まり、
陸の孤島となってしまう。けど、写真の男たち、笑顔。がんばっておくれ。

「寝る前にチャイを飲んで温まってから寝なさい」姑が言った言葉を思い出す、
日本の空の下で。

さて、ゆるゆると春からのご旅行手配も始まりました。

今日の写真は昨年、フンザの写真集を出版された清水久美子さんが送ってくれた一枚。

風の谷で風車なんて、絵になりすぎている。
d0106555_02402740.jpg
Photo by KUMIKO SHIMIZU

▼パキスタン旅行会社・取材コーディネーション シルクロード・キャラバンHPはこちら

# by silkroad_caravan | 2014-02-01 02:54 | フンザ
パキスタンとインドをまたぐ一本の樹 ~国境にて~
ラホールのワガ国境で、パキスタン・インド両国軍隊によるフラッグ・セレモニー(国旗降下式)を観てきました! インド側の街はアムリトサルですね。 

写真選定をしていて目についた、田園風景と一本の樹。
フラッグ・セレモニーはまた後日アップするとして、今日はこの写真をご紹介します。
d0106555_022822.jpg
毎日おこなわれる、ということが信じられないぐらい高いパフォーマンスで観客を魅了する両国軍の軍隊、そして両国国境の立派な門、各々高いところに掲げられるガンジーとジンナーの肖像画。盛り上がる両国民。

この風景は、そこから100mも離れていないところの1枚です。

一本の樹。

そう、ちょうどここは国境なのです。

あとは青々とした畑が広がるばかり。パンジャーブは豊かな穀倉地帯ですから。
写真右に向かって、畑に一筋、見えますでしょうか。これも国境の線なのでしょう。

のどかですね。3回も戦争したという両国の国境に見えません。

▼パキスタン旅行会社・取材コーディネーション シルクロード・キャラバンHPはこちら
# by silkroad_caravan | 2013-10-09 00:47 | パキスタンあれこれ
フンザ写真集刊行 『フンザ~魔法の風が吹く谷へ』清水久美子さん
今日はフンザの写真集をご案内させていただきます。弊社シルクロード・キャラバンが撮影旅行をお手伝いさせていただいている 写真家清水久美子さんの写真集『フンザ~魔法の谷が吹く谷へ』が発売になりました。
d0106555_14355425.jpg
時々、メディアや観光のお客様から、「フンザの写真集ないですか?」と聞かれるのですが、みなさまも良かったらご購入されてみて下さい! 
(写真集としては斉藤亮一さんに続く写真集でしょうか。。。)

清水久美子さんからメッセージはこちら↓
「風の谷のナウシカ」モデルの地と噂され、 秘境の楽園、最後の桃源郷とも呼ばれるフンザ。「インシャ・アッラー」神のみぞ知る…吹く風に従おう…。悠久の大自然とともに祈り、軽やかに人生を楽しむ人々。人間が幸せであり続ける秘密が、ここにある…。(ヒカルランド出版より)
不思議なほどに優しいフンザの風…少しでもお届けできたら嬉しく思います。
                             2013.07.05 清水久美子

▼パキスタン旅行会社・取材コーディネーション シルクロード・キャラバンHPはこちら
# by silkroad_caravan | 2013-08-20 14:41 | フンザ
フンザの親戚セミナ パキスタン・カラコルムを代表し、エベレストへ
フンザ最奥シムシャール村出身の親戚の娘セミナ・ベーグが、パキスタン・カラコルムを代表し、現在、ネパールのエベレスト (8848m)登頂を目指しています。
~First  Pakistani  Gender  Equality  Mt.Everest  Expedition~ 

エベレスト60周年記念行事のひとつでもあり、ジェンダーを超え、パキスタンの女性として初めての登頂を目指します。セミナ、21歳、まだ学生です。
d0106555_12572589.jpg
有名なヒラリー・ステップから登頂へ向けて
d0106555_13232950.jpg
↓小さかった頃のセミナ
d0106555_13121417.jpg私の知る小さなセミナがここまでに成長したとは、叔母として涙が出るほど嬉しいことです。

現在ではその才能に、外国からの支援も受ける彼女ですが、パキスタンの秘境フンザ、その最奥村の少女が才能を開花させた一番の要因は、やはり家族(一族)の支え・サポートに他なりません。
叔父・兄弟たちの多くが登山家のセミナ、今回は兄の強力バックアップを受け、パキスタンの女性を代表して挑戦です☆

スワートで、タリバンに銃撃されたマラーラ・ユスフザイさんの件が世界中で報道になった後だけに、より一層大きなトピックスに感じられます。

▼パキスタン旅行会社・取材コーディネーション シルクロード・キャラバンHPはこちら
# by silkroad_caravan | 2013-03-17 13:46 | パキスタン北部あれこれ
フンザのあんずで作ったケーキ ~フンザの甘さと酸っぱさと~
シルクロードキャラバン社・湘南事務所が、
いつもフンザのあんずを差し上げている
葉山の”粉ものあつかい くうら”さん(天然酵母パン屋さん)。

その”くうら”さんが、フンザのあんずをこんな素敵なケーキにしてくれました。

それは、あんずと黒豆のコラボレーション(*゚▽゚*)
d0106555_1953846.jpg
フンザのあんずを差し上げると、みなさん、「オイシイ!」と絶賛して下さるのですが、
口の中で、その甘味だけでなく、酸味も広がる感じがいいのです。
しかも黒豆との出会い。
和菓子にも通じるような、その美味しさ。
ふわふわのケーキでなく、なかなかずっしりお腹にもたまり、軽いお食事がわりにもなってしまいそう。

春めいてきた日差しの下でいただきました。

▼パキスタン旅行会社・取材コーディネーション シルクロード・キャラバンHPはこちら
# by silkroad_caravan | 2013-03-09 19:13 | フンザ
やっぱりフンザは美しいな
フンザが舞台地 東映映画『草原の椅子』。とても評判が良いようです。弊社でフンザ旅行をされたお客様も早々にご覧になっている方が多く(゚∀゚)。エンディング・ロールに夫ベーグの名前を見つけて、嬉しそうにご報告して下さいます。

     あんなに大きなスクリーンでも伝えきれないほど、あらためてフンザって美しい。

     こちらはアルチット城
d0106555_1083180.jpg

もっと申し上げてしまうと、、、嫁ぎ先の”上部フンザはさらに美しい”と思ってしまう、わが郷自慢の私です^^; うちの姑なども普段、フンザの中心地カリマバードまで下りる気が全然ないのが、一緒に生活しているとよくわかり、笑ってしまう点です(゚∀゚) 過酷な自然との闘いの生活の中にも、自分の故郷 上部フンザは”楽園”と思っている姑なのですね。

▼パキスタン旅行会社・取材コーディネーション シルクロード・キャラバンHPはこちら
# by silkroad_caravan | 2013-03-05 10:17 | フンザ
ヒマラヤの塩山からスカルド~フンザへ
弊社社長は、企業視察同行中です。
ちょうど東映映画『草原の椅子』の撮影地と同じ、スカルドから故郷フンザへ移動中。
d0106555_1543860.jpg
この写真は、同ご視察のあったケーウラー塩山鉱山内にて、説明中の社長ベーグ。

この塩は、もうみなさん、ずいぶんよく存知と思います。
よく”ヒマラヤの塩”、”ガンダーラの塩”という名前で売られていますね。
裏を見ると、原産国パキスタンとあります。はい、世界第2位の塩山鉱山です。
山脈丸ごと塩山(`0`) すごいスケールです。

アレキサンダー大王東方遠征中、大王の馬がペロペロ地表を舐めていて、発見されたと言われています。
汚染されていない太古のミネラルたっぷりの塩。日本の高級すし店などで使われていると聞くと、私もとっても不思議な気分になります。

塩山の中を見学できるのですが、きらきら光ってまるでプラネタリウムのようです。3月は女性のお客様たちをこちらにツアーでご案内する予定です。

今回の視察は、弊社からカメラマンも同行しているので、あらためてケーウラー塩山の綺麗な写真を後程アップできるかも知れません!

▼パキスタン旅行会社・取材コーディネーション シルクロード・キャラバンHPはこちら
# by silkroad_caravan | 2013-02-27 15:14 | パキスタンあれこれ
フンザがロケ舞台地 『草原の椅子』 公開へ!
いよいよ、フンザが撮影地となる東映映画『草原の椅子』宮本輝さん作 監督成島出さんが公開になります。当時、企画書を拝見させていただきましたが、あれから長かったような短かったような。

弊社社長ベーグの写真が劇中、使われることになり、また、私どもの友人、ライターの二神慎之介さんが映画のために撮りおろされるフンザの写真集、(名前は『祝福の谷』になりました)のカメラマンに抜擢されたりと、とても嬉しいニュースもありました。
『祝福の谷』の始まりは、そう、彼のフンザ新婚旅行でした。
二神さんが書いてくださった弊社HPへの感想文はこちら 

当時、私が書いた彼らのハネムーンのブログも思い出しついでに、こちらで再掲載
d0106555_15351097.jpg

   私共もお客様のための定宿としているフンザ・エンバシーのバルコニーから。
   主演の俳優さんたちもここで宿泊されていたので、景色を毎日、ご覧になって
   いたのですね

ついでのおまけ話。折角、フンザ・エンバシーに触れましたので・・・。
オーナーのワジットさんは大変な紳士で、日本からの政府VIPなどがお越しになる際にアテンドされることもあります。時々、日本にも来日されます。フンザの未来を建設していくキーマンのおひとりでもありますね。弊社ベーグともフンザの未来を語りあうと長い。。。

もとい、映画が楽しみ。
私もフンザ人だから、いたいけな秘境への映画の影響は、少し心配なのだけれど。
お越しになる日本人のみなさまも必ずおっしゃるところの、(ここは、このままで変わらないでほしい)と。

▼パキスタン旅行会社・取材コーディネーション シルクロード・キャラバンHPはこちら
# by silkroad_caravan | 2013-02-22 15:57 | フンザ
弊社取材単行本 ご案内 ペンブックス20 イスラムとは何か
人気男性誌『Pen』 永久保存版~イスラムとは何か がこの度、単行本化。
そろそろ書店店頭に並びます。弊社は、ラホールのバードシャヒーモスク取材や、市井のパキスタン人の暮らしに密着取材を担当しました。

d0106555_23134331.jpgペン ブックス20 
『イスラムとは何か』
阪急コミュニケーションズ

ご興味あったら、
ご購入してみて下さいませ。






▼パキスタン旅行会社・取材コーディネーション シルクロード・キャラバンHPはこちら
# by silkroad_caravan | 2013-02-21 23:13 | パキスタンあれこれ
思い出の高速列車~ウズベキスタン 2013も?
あっという間に、フンザが舞台地となる東映映画『草原の椅子』(宮本輝さん作) 今週末から公開ですね。今回、社長ベーグ撮影の砂漠が写真が劇中、使われています。また、私どもの友人がこの映画のスチール・カメラマンとして抜擢されましたこともあり、楽しみな展開になりそうです。前売り券の写真も、友人の撮影になるもの、風の谷フンザです。

さて、この映画の舞台となる私の嫁ぎ先フンザは、大氷河地帯。まだ寒い寒い冬ですが、イスラマバードの事務所では、企業のご視察やパキスタン南部のご旅行など、地道にパタパタと働いております。

去年に続き、中央アジア、ウズベキスタンのご旅行手配なども入ってきそうです。パターンとしては、パキスタン旅行でお互い分かり合えた常連さんの、次なるご旅行手配としての中央アジアなのですよ。
d0106555_16142635.jpg
ということで、今日はウズベキスタンのタシケント発高速列車の写真をアップしてみます。タシケント発サマルカンド行き~Afrosiab号です。中央アジアやシルクロードにノスタルジックなイメージだけお持ちの方には、少々、びっくりでしょうか(´∀`)

車内もコレがなかなか! こんな列車にのって中央アジアを駆け抜けるのも素敵ですね。列車にするか? 車にするか? あるいは航路にするか? はお客様のご希望次第なのです。

昨年、取材コーディネートさせていただいたクライアント、フォトグラファーAさんのブログでは、もっと美しく紹介されています!http://photoyatra.exblog.jp/18055470/

▼パキスタン旅行会社・取材コーディネーション シルクロード・キャラバンHPはこちら
# by silkroad_caravan | 2013-02-21 16:19 | 中央アジア
テレビ朝日『報道ステーション』にて マラーラ特集放映
昨日は、弊社が取材コーディネーションしたタリバンがらみ取材、マラーラ・ユスフザイさんが英国にて退院したタイミングで、チャンスを奪われている女子教育の特集としてテレビ朝日の『報道ステーション』で放映になりました。
特集名、「それでも私たちは学校へ行きたい」
d0106555_2351884.jpg
     これは元気だった頃のマラーラ

連日アルジェリアのニュースなどで延期が続き、やっと放映になりました。ほっ。

マラーラちゃん、痛々しい。さぞ難しい手術だったと思います。回復を心からお祈りします。

日本から目を転じると、パキスタンにせよアフガニスタンにせよ教育の重要性を痛感するところですが、一歩一歩、女の子たちが教育から遠ざけられている要因が減っていきますように。

▼パキスタン旅行会社・取材コーディネーション シルクロード・キャラバンHPはこちら
# by silkroad_caravan | 2013-02-07 13:48 | パキスタンあれこれ



フンザへ嫁ぎ、パキスタン政府公認現地旅行会社&取材業に励む日本人女子が綴る仕事最前線やスローライフ。アフガニスタン取材も得意。Silkrad Caravan Tour, TV Media coverage
by silkroad_caravan
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
弊社は 

シルクロードキャラバン社

現地旅行会社&
取材・コーディネーション
パキスタン政府ライセンスNo.889
PAKISTAN, AFGHAN
テレビ雑誌取材/リサーチ/
通訳/版権交渉/
NGOロジスティクスサポート

旅行業
: フンザの旅/
パキスタン北部トレッキング
/仏教の道/ガンダーラ/
シルクロード/世界遺産/時々イランや中央アジアも
代表アミン・ウラー・ベーグ
Tel: 046-875-1686
タグ
カテゴリ
全体
フンザ
パキスタン北部あれこれ
パキスタンあれこれ
アフガニスタンあれこれ
イランあれこれ
中央アジア
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 01月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
ライフログ
オクサスとインダス
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧