<   2010年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧
シルクロードの旅 パキスタン 2010秋 終わる
春から企画を始めた、仏教ご取材のツアーが終了間近となりました。
社長自らご案内した久しぶりのツアーでした。パキスタン大洪水被害の爪跡で、道・橋の復旧状況など、心配の多い行程で、さまざまなマイナー・チェンジも想定してのツアーでした。が、フタを開ければ思いの外、順調な取材となりました。仏教のことに詳しくはない私ですが、ご取材の方々が敬虔な仏教徒でいらしたため、まるで仏様に守られているかのように思えたものです。スワートもペシャワールも順調でした。

そして今夜終了。春からあたため練り直してきた内容や日程、やりとりなどを楽しく思い出せるところまでやっとたどり着き、ほっとしています。

今日の一枚は、スワートの仏像と傍らでのんびり草をはむ牛たち
d0106555_1327020.jpg

弊社の他のスタッフたちは、といえば・・・パキスタン大洪水のために活動して下さっている欧州のNGOさんアテンドなどしているところです。日本のニュース報道からはすっかり消えてしまったものの、一体、元に戻るのに何年かかるかわからない大被害・被災状況。関わりのあった日本のNGOさんたちも活動中でいらっしゃるところ、また緊急支援終了のところなどさまざまで、またその辺もブログにアップしていきたいと思っています。

▼パキスタン現地旅行会社・取材コーディネーションシルクロード・キャラバンHPはこちら  
by silkroad_caravan | 2010-09-26 13:29 | パキスタン北部あれこれ
シルクロードの旅 スワート パキスタン 2010秋
        この風景を日本の方たちに何年ぶりに観ていただいたでしょう。
建立された当時は、黄金色に輝いていたというシャンカルダール・ストゥーパ in スワート
d0106555_15113916.jpg
普段はテレビ取材などが多く、ここ数年、旅行のご案内はガイドたちに任せきりだった夫ベーグが、久しぶりに仏教に足跡~シルクロードのご旅行(といってもやはり取材~エディトリアルの)ご案内をしています。
弊社でご案内したのは、中国のウルムチからパキスタンのイスラマバードの長い長い行程、すなわち、いにしえのシルクロードです。
この話はこれから何回かに分けて書いてみたいと思っています!

最近、写真をアップすることが少なかったので、久しぶりに”今日の一枚”をアップします。

スワートを訪れる観光客は、治安上の理由でほとんどなかったので、本当に久しぶりのスワートです!パキスタン軍によるタリバン掃討作戦が完遂して数か月・・・平和を取り戻して来ているのですね。なんといっても安全が第一ですから、現況ウォッチングには気を抜かず・・・実現した行程でした。

スワートは、ガンダーラ観光で抜きには語れない重要な場所。現地の人たちにとっても、観光業が壊滅的だった歳月を早く取り戻していってほしい、と願っています。

▼パキスタン現地旅行会社・取材コーディネーションシルクロードキャラバンHPはこちら    
by silkroad_caravan | 2010-09-25 14:43 | パキスタン北部あれこれ
断食明け イード・ムバラク
昨日、今日とイスラム世界が断食明け(イード)になりました。

A very happy Eid Mubarak
イード・ムバラク (イードおめでとう)!

今現在、まだ日中で明るいパキスタンですが、夜はバザールのネオンがきらびやかに輝くでしょう。とはいっても、故郷に帰る人は帰り、人口はぐっと減っているイスラマバードです。昼間は日本のお正月のイメージに近いでしょうか・・・お祈りをし、今年もまた断食をすることができた喜びで、家族や親せきと家で美味しいものを食べたりしながら過ごすことが多いのです。夜は晴れやかな気持ちでネオンに輝くバザールへ繰り出す人も多いでしょう。

日本連絡事務所の私は、ここ2日ばかり、幼い息子がアーモンドのような大きな目を充血させていることが気になりながら、忙しさにかまけ眼科医に見せていません。(結膜炎かなぁ・・・)。どうしても、被災地で多く見られるという結膜炎のことに想いがいってしまいます。(うちの息子はすぐに眼科医に診てもらうことができるけれど)。被災地では食べ物もままならず、体の不調を訴える人も多く、結膜炎の人も多いのです・・・。被災地の方々はイードをどんな気持ちで迎えられているのでしょうか。

弊社本社は、代表ベーグがテレビ朝日『報道ステーション』のムルタン自衛隊ヘリ同行取材・オンエアを終え、戻って来たばかり。日本からの大洪水緊急支援NGOと共に、ドライバーとして働いてくれていたスタッフらもちょうど仕事が切れて、一段落。
(取材陣やNGOさんは、ラマザン中のお仕事でいろいろご不便があったことと思います)。
普段はひとたび仕事が入れば、盆も正月もないような中にも、今回はイードの気分を味わえそう。つかの間、彼らも休んでくれればいいな、と思っています。

▼パキスタン現地旅行会社・取材コーディネーションシルクロード・キャラバンHPはこちら    
by silkroad_caravan | 2010-09-11 23:06 | パキスタンあれこれ
パキスタン大洪水 情報としては遅いですが・・・ANN
アフガニスタンで誘拐されていた常岡浩介さんが解放されました。
元気な状態で生きていらっしゃることは仕事柄、情報として知っていたのですが、人命保護が第一でしたし、長期戦で一体いつ解決、解放されるのか・・・と思っていました。さて夫ベーグも民放から本件の依頼を受けているようですが、どうなるか。今日の午後、当地アフガンの日本大使館前でもメディアが張っていたそうですが、何の収穫も得られなかったようです。ラマザン中ですし、取材の方々もきついだろうなぁ、と思います。

さて今頃ですが、弊社が取材同行しているパキスタン洪水に関するANNニュースをユーチューブで見つけたので、アップします。
映像の力は大きく、このご紹介するニュースに限らず、ユーチューブは我々の生活に切っても切れないものになりつつあることを今回、また実感しました。

知り合いのNGOさんたちも「最新の洪水情報をユーチューブにアップを試みているけれど、イスラマバードのネット環境で2時間も3時間もかかる」と嘆いていました。ネット環境格差な上に停電頻繁ですから、日本のようにはいかないもどかしらを感じていらっしゃるでしょう。これもパキスタンだなぁ。

http://www.youtube.com/watch?v=K0soYJx9AkA&NR=1

http://www.youtube.com/watch?v=isWJNtKoqd0

▼パキスタン現地旅行会社・取材コーディネーションシルクロード・キャラバンHPはこちら    
by silkroad_caravan | 2010-09-05 21:46 | パキスタンあれこれ
パキスタン大洪水から1か月 NGOご紹介
知り合いの方々が続々NGO活動や取材でパキスタン入りされています。
弊社でも夫ベーグを中心に取材人として、そのアシスタントとして、NGOサポートやドライバーとして、動いています。
私はせめて、今回、現地で活発に活動されていらっしゃる(予定も含め)NGOさんのご紹介をアップ・トゥ・デートしたいと思います。
たくさんの方に、「どこに寄付すればいいの? シルクロード・キャラバンに送ってもいい?」と聞かれますが、弊社にはお送り下さいませんように(笑)。

以下ご参考いただき、ご判断はみなさまにお任せしたいと思います。もちろん、網羅しているわけではありません。これまでベーグが10年間近く、パキスタン・アフガニスタン他近隣諸国の災害現場で、活動されているところを取材させていただいたNGOさん、支援報告に参加させていただいたNGOさん、関わらせていただいているNGOさん、昔からの知り合いのNGOさんなどです。
どうぞ宜しくお願い致します。

寄付をされる時は後々までモニタリングをできる団体をお選びになって、活動を見守ってあげて下さいませ。活動~お金の使われ方などもきちんと報告してくれるかは重要だと思います。

認定NPO法人 難民を助ける会
1979年に生まれた政治・宗教・思想に偏らないNGO
http://www.aarjapan.gr.jp/activity/report/2010/0826_381.html
http://www.aarjapan.gr.jp/

特定非営利活動法人 グッドネーバーズ・ジャパン
必要とされる所へは、どこへでも出向き支援する。
世界20カ国以上で子ども支援。人道・開発支援、緊急支援活動を行っています。
http://www.gnjp.org/
http://www.gnjp.org/campaign/emgcy_2010pakistan.html

特定非営利活動法人アムダ(AMDA) 
救える命があればどこへでも 国際経済社会理事会 総合競技資格
http://amda.or.jp/articlelist/index.php?page=article&storyid=89
http://amda.or.jp/

特定非営利活動法人 ジェン (NGO JEN)
平和な国際社会作りを目指し、世界各地で紛争や自然災害などにより厳しい状況にある人々へ、『心のケア と自立の支援』をモットーに、きめ細やかな支援活動を行う国際協力NGO
http://www.jen-npo.org/

日本赤十字社 ここは、言わずと知れた赤十字さんですね
http://www.jrc.or.jp/index.html
ベーグm今回も赤十字さん活動中のところを取材中に拝見したと言っていました。

長くカラーシャの人々とともに生きる わだ晶子さんカラーシャの谷支援
http://kalashapakistan.jimdo.com/2010/08/27/%E7%B7%8A%E6%80%A5%E6%94%AF%E6%8F%B4%E3%81%AE%E3%81%8A%E9%A1%98%E3%81%84/

---アフガニスタン--- ペシャワール会
http://www1a.biglobe.ne.jp/peshawar/
アフガニスタン、
ジャララバードで完成した水路の水門も数か所、壊れてしまい、直さなければいけないとペシャワール会さんから聞いています。

老舗・・・JVCさんなどは今回、パキスタンでは活動されていらっしゃらないのかな。

▼パキスタン現地旅行会社・取材コーディネーションシルクロード・キャラバンHPはこちら    
by silkroad_caravan | 2010-09-05 18:25 | パキスタンあれこれ
パキスタン大洪水 ノーシェラ それからKKHは
ムルタンの取材から戻った夫ベーグが痩せていたので、驚きました。お腹だけは少々へっこんで欲しいのですが。自衛隊の方や日本からの記者さんたちも体調管理にはかなりご苦労されていらっしゃるご様子。厳しい気候の被災地です。いわんや被災された方々のご苦労、辛さ・・・計りしれません。d0106555_1482414.jpg

イスラマバードの方は、今日は雨。
昨夜、イスラマバード国際空港ご到着のNGO事務局長さんが、「日本より涼しいですね」とおっしゃったとか。日本の残暑はかなり厳しいですものね。

弊社から本日出した車両は、NGOさんと共に、被災地ノーシェラへ。
報道で酷い被災写真を見続けたノーシェラはイスラマバードからわずか2時間。生の情報がこれから入ってくると思います。このNGOさんは、既にどこで食糧支援のための物資を購入するのがベストかなど、いろいろご検討済み。順調に緊急支援が進んでくれることをただただ祈るばかりです。

個人でご旅行者の方々からへ。
メールで個人旅行計画のお客様から現況のお問い合わせをいただくのですが、ひとつひとつに返信をしている余裕がありません。
カラコルム・ハイウェーは現在、ベシャーム・チラス間の橋の修復が終わっていません。
雨が多く、進捗状況に影響を与えているようで、政府のアナウンスより開通が遅れています。
多くの橋が今回の洪水で壊れましたが、多くが簡単な橋で往来が再開しています。
弊社のこれからご出発のお客さまも途中からKKHをはずれ、本当のシルクロード~バブサル峠経由で車両移動していただいく可能性があり、ウォッチングを続けています。
その他はまぁまぁ大丈夫そうに思えますが、雨が再び降りどこかが壊れるかも知れず、状況が変わる可能性も多いにあります。

▼パキスタン現地旅行会社・取材コーディネーションシルクロード・キャラバンHPはこちら    
by silkroad_caravan | 2010-09-04 14:00 | フンザ
番組ご案内 NHK ハイビジョン特集「貧者の兵器とロボット兵器」
弊社がコーディネーション(取材)で従事させていただいたドキュメンタリー番組が
NHKBS ハイビジョン特集で放映になります。
1年間ぐらい、かかわらせていただいたでしょうか。
ご興味ありましたら、ご覧ください。

チャンネル:NHK BS hi

放送日:2010年 9月 5日(日) 午後10:45~ 6日午前0:15 (90分)

ハイビジョン特集「貧者の兵器とロボット兵器」

特集内容はこちら↓
http://www.nhk.or.jp/bs/hvsp/

以下 番組表から
9.11同時多発テロから9年、米軍とタリバンの泥沼の戦闘が続くアフガニスタン。ここに歴史上初めての全く新しい戦争の姿が出現している。ハイテク無人機など“ロボット兵器”を駆使する大国正規軍と、カラシニコフ銃や手製爆弾など旧式の“貧者の兵器”に頼る武装集団が、互いの姿の見えない戦場で対峙する究極の“非対称戦争”だ。知られざるその実像をとらえた膨大な映像記録をNHKは入手した。そこにたびたび登場するのがタリバン最強硬派の「ハッカーニネットワーク」だ。自爆軍団として米軍に恐れられ、無人機攻撃の最大の標的にもなっている。だが、ソビエトがアフガンに侵攻した80年代、首領のハッカーニは反ソ勢力として最も頼りになる米国の友人だった。武器の供給から爆弾の製法まで、米国の支援で力を蓄え、皮肉にもそれが今、米軍を苦しめている。今、米国はハッカーニらのゲリラ戦から自国兵士を守るため、ロボット兵器を次々と開発し、米本土から遠隔操作で攻撃を行う。だが誤爆も相次ぎ、犠牲者周辺からタリバン予備軍を生み出す憎しみの連鎖も呼んでいる。“貧者の兵器”対“ロボット兵器”。その実態を描き、21世紀の新たな戦争の姿とその脅威に迫る。

▼パキスタン現地旅行会社・取材コーディネーションシルクロード・キャラバンHPはこちら    
by silkroad_caravan | 2010-09-04 13:46 | パキスタンあれこれ



フンザへ嫁ぎ、パキスタン政府公認現地旅行会社&取材業に励む日本人女子が綴る仕事最前線やスローライフ。アフガニスタン取材も得意。Silkrad Caravan Tour, TV Media coverage
by silkroad_caravan
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
弊社は 

シルクロードキャラバン社

現地旅行会社&
取材・コーディネーション
パキスタン政府ライセンスNo.889
PAKISTAN, AFGHAN
テレビ雑誌取材/リサーチ/
通訳/版権交渉/
NGOロジスティクスサポート

旅行業
: フンザの旅/
パキスタン北部トレッキング
/仏教の道/ガンダーラ/
シルクロード/世界遺産/時々イランや中央アジアも
代表アミン・ウラー・ベーグ
Tel: 046-875-1686
タグ
カテゴリ
全体
フンザ
パキスタン北部あれこれ
パキスタンあれこれ
アフガニスタンあれこれ
イランあれこれ
中央アジア
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 01月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
ライフログ
オクサスとインダス
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧