<   2010年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧
パキスタン大洪水 本日放映『報道ステーション』
パキスタン大洪水に関して、弊社で取材コーディネーションさせていただきました特集が、本日31日 22時~テレビ朝日系列『報道ステーション』で特集になります。

よろしければご覧くださいませ。

「援助の遅れとそこに付け入る過激派」の構図がテーマだそうです。

報道系のため、本日のニュース内容により日程がずれるかも知れませんが、まずは告知させていただきます。


NGOさん活動のための車両手配なども、下記よりご連絡下さい。

▼パキスタン現地旅行会社・取材コーディネーションシルクロード・キャラバンHPはこちら    
by silkroad_caravan | 2010-08-31 15:16 | パキスタンあれこれ
パキスタン大洪水 自衛隊に続きNGOさんも
夫ベーグは自衛隊取材を終え、ムザファルガルやライアの取材へ。

私は今日一日、NGOさん対応。パキスタン現地での緊急食料支援などを実現させるために各NGOさんもご苦労されていらっしゃるご様子。頭を垂れます。
実際、あまりにも被害状況が日本に伝わって来ないので、あるNGOさんから「少しでも真実が伝わる報道をもっともっとして下さい!」と言われました。本当にその通りだと思います。気にかけて下さっていう方々はネット・サーフィンし、BBC南アジアやユーチューブなどご覧になっていらっしゃるご様子。

一部ではありますが、NGOさんをご紹介させていただきますので、お気持ちが動かれましたら、支援を是非、宜しくお願い致します。
このパキスタン建国以来の被害は、カシミールM7.6大地震や、他国の近年の災害も超える大被害になっています。国民の10人にひとりが被災しています。道路寸断による陸の孤島で食料を失い、医薬品に困り、食料やガソリンなども高騰。非常に暑い国の被災すから、別の2次被害もこわいです。被害は今後も広がるでしょうから、それを各NGOさんも懸念されています。
http://www.aarjapan.gr.jp/activity/report/2010/0826_381.html
http://www.aarjapan.gr.jp/

http://www.gnjp.org/
http://www.gnjp.org/campaign/emgcy_2010pakistan.html

http://amda.or.jp/articlelist/index.php?page=article&storyid=89
http://amda.or.jp/

くれぐれもみなさま、寄付をされる時は後々までモニタリングをできる団体をお選びになって、活動を見守ってあげて下さいませ。活動~お金の使われ方などもきちんと報告があるかチェックして下さい。

またアフガン側もパキスタンほど酷くはないようですが、少なからぬ被害があったようです。ペシャワール会の完成した水路の水門も数か所、壊れてしまい、直さなければいけないと聞きました。

▼パキスタン現地旅行会社・取材コーディネーションシルクロード・キャラバンHPはこちら    
by silkroad_caravan | 2010-08-27 03:23 | パキスタンあれこれ
C130到着 自衛隊の大きな緊急支援 パキスタン大洪水
今日は夫ベーグたち、中部パンジャブ州のムルタン空港に到着した自衛隊機を取材していました。C130輸送機は、日本政府が派遣を決めた200人編成の緊急航空援助隊のうち、すでに現地入りしている70人余りの隊員に出迎えられたとのことです。

思わず、注目してしまったというのは、到着した2機のパイロットが女性隊員だったこと。普段、ミーハーなことはあまり言わないベーグですが、さすがにこの女性隊員の姿は素晴らしかったそうで、「とても!カッコ良かったよ」と遠い電話の向こうで何度も言っていました。

パキスタン国民の10人にひとりは被災したとされる今回の水害。被災地は洪水による道路の寸断でズタズタになっている中、空からの支援が欠かせない状態が続いていて、自衛隊機は、準備が整い次第、被災者や食糧や医療物資などの輸送を担ってくれるそうです。

シルクロード・キャラバン日本連絡事務所に近く、私もよく足を運んでいる横須賀からも、海上自衛隊の輸送艦がヘリを乗せて出発しています。普段、横須賀の立場を分かりつつも、現実としては買い物に行くぐらいの場所でしかないのですが、次回からはまた違う風に見えるでしょう。

日本~自衛隊の非常に大きなスケールの支援は、パキスタン建国以来の大被害を受けているパキスタンで大活躍して下さることでしょう。

▼パキスタン現地旅行会社・取材コーディネーションシルクロード・キャラバンHPはこちら    
by silkroad_caravan | 2010-08-27 02:57 | パキスタンあれこれ
マスクして~ パキスタン大洪水
夫ベーグは、成田航空カウンターで航空券を買わなければならない緊急さで、パキスタン大洪水の自衛隊派遣取材のために日本からパキスタンへ行きました。

ロンドンから来る取材クルーがベナジール・ブット・イスラマバード国際空港にご到着される前に、なんとか彼自身がイスラマバードに到着せねばならかったのです。

朝の成田空港タイ航空カウンターで、午前11時出発便の予約をお願いするも、同じ便を狙う人10人余り。決してコトの運びは順調ではありませんでした。が、最終的には、タイ航空のカウンターの方(日本語の上手なタイ人スタッフ)が、「あなたのチケットは、数年前、全く同じパターンで私、用意しているよ!」とおっしゃった、というのです。
数年前、パキスタンM7.6大地震の折に、日本のレスキュー隊を取材するため成田から緊急発券をお願いした時も、同じスタッフの方だったのでした。しかも先方がそのことを覚えていてくれた、というのですから、驚きました。国際空港のような忙しい現場で、このようなことがあるなんて! 事情が事情だからと、最後に発券してくれた席に座ったら、ビジネス・クラス。最後はイミグレーションを走って搭乗した身には、あまりにも嬉しい先方のご対応でした。タイ航空さん、本当にありがとうございました。

翌日、車を11時間走らせて、首都イスラマバードから被災の大きかったムルタンへ。今日は自衛隊、JICAさんなど関係各所を回っているらしいです。
ムルタンの良いホテルは、みな外務省の予約が入っていて取ること出来ず、いよいよ友人の家に宿泊か?!?と思ったら、最後にこじんまりしたホテルをなんとかゲット。

そういえば今回、日本を離れるにあたってベーグが購入して行きたかったものは、ただひとつ。マスクでした。
パキスタンには良いマスクがないのです。
暑い国の大きな被災~家畜ひとつ取っても何千万頭が死んでいます。感染症などがこわい。ムルタンは気温50度になっているというし。そういえば、カシミール大地震の取材そして支援の時も、SARSが流行った折に中国通過した時も、ベーグのスナップ写真はマスク付きでした。

そういえば、少し前にモハナ~数千年の歴史・文化を持ち、川で生活をするモハナの人々(部族)の取材をする企画が持ち上がっていたのですが、彼らはインダス下流の今、どこにいるのでしょうか。

ほんの数日前までトレッキング(パキスタン北部)の洪水被害に絡む弊社お客様対応に追われるばかりだった私ですが、インダス流域の被害は想像を超えたものです。日本のみなさんにも知っていただきたい、どんなに酷い状況かを!

▼パキスタン現地旅行会社・取材コーディネーションシルクロード・キャラバンHPはこちら    
by silkroad_caravan | 2010-08-25 13:57 | パキスタン北部あれこれ
パキスタン大洪水
今はパキスタンの大洪水のこと以外、書くことができない毎日です。
ちょっと古いですが、被害の大きかったノーシェラの水没の様子(7月末)
d0106555_11151125.jpg


d0106555_1048675.jpg今日は少しだけ、息抜き気分も兼ねて書いてみます。折しも大好きな写真集がイギリスから届いたのです。
Yann Arthus Bertrandさんの、空から世界中の景色を切り取った風景写真集です。
世界中に沢山の写真家がいますが、鳥の目線で私たちに、これほど世界を見せてくれた写真がこれまであったでしょうか。
10年ぐらい前だったと思いますが、渋谷の文化村で、Bertrandさんの写真展が開催され、大パネルでインクレダブルな風景写真を見せていただき、圧倒され、ため息、感動しました。
Yannさんが今、このノーシェラ他パキスタンの水没の被災地を、空からご覧になったらどんな風に写真を撮られるだろう・・・・・・。折しも届いた写真集を見ながら、そんな風に思っています。
Yannさんの写真集、お勧めです。イギリスから購入したのは、アマゾンドットコムでこちらが安価に思えたからで、日本でも手に入ります。また、この写真集の子ども向け版もあります。夏休みにお子さんとご覧になるのも素敵です。そろそろ夏休みも終わりですけれど。私も我が子と共にページをめくりたいと思っています。

さて、カラコルム・ハイウェーにはついに中国軍が動き出し、各所の復旧に従事され始めています。いうまでもなくカラコルム・ハイウェーは中国とパキスタンを横断する道路、中国の政策上、いろいろな意味で無くてはならない道路なためです。今は陸の孤島になっている各所にとって道路復旧は命をつなぐ道でもあります。

弊社がいつも仕事をお願いしているドライバー、フンザ人のハージェさんがローカルの乗客たちを乗せて、イスラマバードからギルギットに到着した報も入りました。陸路寸断も日に日に解消されていくでしょう。昨日も書きましたが、問題は橋の修復作業です。
従来もカラコルム・ハイウェーで車の整備とドライバーの力量は命にかかわるので、百戦錬磨のハージェさんの運転なら、私もいつも安心していられるのです。今は旅行客やNGO、ジャーナリストでなく、一般市民を乗せて活躍しているのでしょう。

日本からの自衛隊ヘリ部隊も第一陣が今日、パキスタンに到着予定だそうです。被害の大きいムルタンへ。
夫ベーグも数日後には取材でムルタンの人になっているはず。ムルタンのきちんとしたホテルの予約が取れなくなっているようで、これは大きな事件・災害があれば空き室がなくなる、という毎回おきる状況。

~NGOさんなどの車両手配依頼も↓こちらからお願い致します。弊社もしばらく洪水後の対応に追われることになるでしょう~

▼パキスタン現地旅行会社・取材コーディネーションシルクロード・キャラバンHPはこちら    
by silkroad_caravan | 2010-08-22 10:42 | パキスタンあれこれ
パキスタン大洪水 
シルクロード・キャラバンは旅行会社ですから、旅行者のお話をしますと、今回の大洪水の道路寸断でパキスタン北部スカルドから帰ることができない、あるいはスカルドから先のトレッキングにもご出発できないトレッキング客が、日本の旅行会社からも欧米の旅行会社からもいらっしゃると聞いています。お帰りの国際線飛行機も逃してしまっている方も少なくありません。
洪水被害の後の日本ご出発などとお聞きすると、なぜツアーを催行されたのは首をかしげるものもあります。

天候が回復しても、ガソリンがないためにジープでトレッキングスタート地点にたどり着けないような状態です。道路寸断、橋が落ちたためにパキスタンのあちこちで陸の孤島が出来ているのです。
JICAさんの通達を拝見しましたが、ガソリン不足で活動が難しくなるだろう、と書いてありましたが、その通りです。
食料もガソリンも数百倍値上がりまでいきそうな、もうすでにそうなっている、信じられない状況。ガソリンがなければ人々は移動ができず、その上、食料がなくなることを考えると恐ろしいです。今日も被災地ノーシェラあたりの状況を聞くと、日に日に食料配給をめぐる人々の争いが深刻になっています。
地元フンザでもガソリン不足でスズキ(乗合バス)のチケットが30倍、60倍の値段に。

日本で仕事中だった弊社夫ベーグも、洪水被災地への自衛隊派遣決定に伴い、民放テレビ局の緊急取材が決定。国際線航空券すらまだ取っていないのですが。まずはムルタンあたりの取材か。

カラコルム・ハイウェーのチラス付近は、道路がざっくりインダス川へ落ちてしまった。
d0106555_2371758.jpg

ちょくちょく壊れているカラコルム・ハイウェーですから、道の復旧は慣れっこ~比較的早いでしょうが、問題は橋です。相当な数の橋が落ちてしまいました。
今、とりあえずの簡単な鉄の橋が作られつつあります。
現在、KKHはバブサル峠経由で行き来可能です。

▼パキスタン現地旅行会社・取材コーディネーションシルクロード・キャラバンHPはこちら    
by silkroad_caravan | 2010-08-21 23:06 | パキスタンあれこれ
パキスタン大洪水~潘基文(バンキムン)事務総長訴える「世界的規模の災害」
国連は昨日19日、パキスタンの洪水被害に関する国連総会特別会合を開き、潘基文(バンキムン)事務総長は「被災者数は2000万人。スマトラ沖地震(04年)、パキスタン大地震(05年)、ハイチ地震(10年)の被災者の総数を上回り、世界的規模の災害だ」と訴えて下さったそうです。

家族が亡くなり、怪我をして、家や畑を失う。
インフラ設備が破壊され、至るところの道は壊れ、橋は落ちる。
食料は高騰、ガソリンはなくなる。
「人々が元の生活を取り戻すのに、一体、何年かかるのか・・・」とスタッフがつぶやいています。

弊社は旅行会社ですが、トレッキングのお客さんたちが、道々、お墓を掘っている人たちを横目でみながら往かなければならない、というのは初めてのことです。

夫ベーグは、今日、世界20ヶ国以上で人道・開発援助・緊急支援活動・子ども支援を行っていらっしゃるグッドネーバーズ・ジャパンの方と、顔合わせをしています。これからグッド・ネーバーズさん、パキスタンへ緊急支援に向かわれるところなのです。現況を確認し合ったり、被災地の民族的背景・事情などを説明させていただくベーグです。

水害の被害状況が分かる地図を添付してみます。
d0106555_18224843.gif

▼パキスタン現地旅行会社・取材コーディネーションシルクロード・キャラバンHPはこちら    
by silkroad_caravan | 2010-08-20 18:44 | パキスタンあれこれ
パキスタン大洪水
地域によって被害の大きさはさまざまで、数10年ぶりとも100年ぶりともいわれるパキスタンの大洪水。死者1700人、被災者2000万人余り、ハイチの大地震を超える被害と言われています。

洪水関連のブログもアップしなければ・・・と思いつつ、弊社シルクロード・キャラバンのトレッキングのお客様たちの対応に追われていました。お客様たちもこの洪水のために、カラコルム・ハイウェー寸断、山岳飛行機の欠航、現地入りした後も道が壊れ、車も乗り換えなどさまざまな困難に遭われていました。トレッキング拠点のスカルドでも食料が無くなりつつあり、ガソリンはほとんどない現状。車両輸送が不可能になってしまう危機です。
最後のお客様は数日待った末に、スカルドから軍用機に乗ってイスラマバードへ戻り日本へご帰国になったのが今日。

日本では外国のテレビニュースと違い、報道量が圧倒的に少ないですね。
たくさんある世界の報道の中から様子がわかりやすいURLをご紹介します。
http://www.boston.com/bigpicture/2010/08/severe_flooding_in_pakistan.html

http://www.spiegel.de/fotostrecke/fotostrecke-58263.html

BBC南アジアこちら

当初、カラコルム・ハイウェーが寸断され、軍用機でイスラマバードに戻られた日本のトレッキングのお客様たちについて、日本でバーっと報道になりました。大洪水自体の報道が日本でほとんどなかったのに比して、この一件ばかりが大きく取り上げられるのはおかしいなぁ(食料にもホテルにも困っていらっしゃらなかったご様子だが・・・)と思っていたのですが、このグループのリーダーさん(船尾さん)のブログがその辺を含め冷静にリポートされています。ご本人たちの気持ちとは関係なく、「日本人救出」と大々的に報道されてしまうのですね。
帰れなくて軍用機利用だけで取り上げられるなら、弊社のお客さんも取材対象です。

↓写真家船尾さんのブログ (船尾さんは友人の友人で、時々お噂を聞いていたのです)
http://www.funaoosamu.com/p009/009_index.html

さて、代表ベーグは今、日本です。
洪水関連ニュースを追いかけつつ、昼間はNHKのドキュメンタリー翻訳へ~今日は、民放ニュースでペルシャ語翻訳まで飛びこんできて、外出先で電話で翻訳対応。翻訳三昧?!

明日は、被害の大きかったノーシェラ付近に月末、緊急派遣される知り合いのNGOメンバーさんと共に、 NPO難民を助ける会のパキスタン緊急報告会へ行く予定です。

▼パキスタン現地旅行会社・取材コーディネーションシルクロード・キャラバンHPはこちら    
by silkroad_caravan | 2010-08-19 21:05 | パキスタンあれこれ
ゴンドゴロ・ラへ マッシャーブルムへ 大朝日岳へ
パキスタン北部の天気が気になりますが、天気予報を見ると快晴とはいかなさそうです。

トレッキング中のお客様がまさに今日あたり、ゴンドゴロ峠を越えK2・バルトロ氷河側へ横断されようとしていて、またマッシャーブルムへ向かったお客さまも今日、ベース・キャンプに到着されている頃。いずれのお客さまも写真撮影が目的で、ご無事は元より写真撮影の成功を期待しています。
ゴンドゴロは6,000mの峠越えとなり、トレッキング・グレードとしてはチャレンジング・コース。最初からどなたにでもご案内できる簡単なコースではおよそありません。東京連絡事務所としては、安全にバルトロ氷河側へ横断されたという朗報をひたすら待つばかり。

一方、夫ベーグは日本帰国後、渋谷のNHKでのドキュメンタリー翻訳作業の切れ目をぬって、山岳ガイド助っ人で東北の大朝日岳・飯豊岳へ。こちらも今日あたり登頂。
          ~パキスタンも日本もトレッキング・シーズン真っ盛り~
d0106555_1395784.jpg

▼パキスタン現地旅行会社・取材コーディネーションシルクロード・キャラバンHPはこちら    
by silkroad_caravan | 2010-08-07 13:29 | パキスタン北部あれこれ
スカルド・ギルギット航路 増便
パキスタン北部のローカル・ニュースを見て、絶句。今回の洪水によるカラコルム・ハイウェーの寸断で、充分に想像できることとはいえ、いつもは静かで牛が歩いているのが似合いそうな、長閑で小さなギルギット空港に予約を待つ人々の波・波・波。スカルド空港も同様でしょう。ハイウェーは復旧作業中ですが、もう少しかかるでしょうし、北から帰ることの出来ない旅行客やローカルの人々が空港の外で待つこの記事のタイトルは以下の通り。
     
         Who flies out of Gilgit ?  The race is on !
d0106555_1126451.jpg

殺到する人々の抗議デモまで起きましたが、パキスタン航空もここで増便を決定。
1日1便から2便へ。
焼け石の水の状態から混乱は徐々におさまると思いますが、みなさまお疲れさまです。

弊社のお客様も、天候不良による欠航続きの後にご搭乗されたものの、同行ガイドが搭乗できなかったり、いろいろご迷惑をおかけしています。(外国のお客様の方が搭乗に有利です。航空券の値段が高いため)。
また、今回の洪水前に、パキスタン航空の、北部への路線のリコンファーム・システムも変わり、手配現場である我々も困惑しています。

~増便に関する記事~
Pakistan International Airlines (PIA) has announced that it will increase the number of daily flights to Gilgit and Skardu. Under the new plan three flights will be operated between Islamabad and Gilgit while two flights daily between Islamabad and Skardu. PIA has also been ordered to revise its ticketing policy and issue 15 tickets in each flight under the old system.

▼パキスタン現地旅行会社・取材コーディネーションシルクロード・キャラバンHPはこちら   
by silkroad_caravan | 2010-08-05 11:54 | パキスタン北部あれこれ



フンザへ嫁ぎ、パキスタン政府公認現地旅行会社&取材業に励む日本人女子が綴る仕事最前線やスローライフ。アフガニスタン取材も得意。Silkrad Caravan Tour, TV Media coverage
by silkroad_caravan
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
弊社は 

シルクロードキャラバン社

現地旅行会社&
取材・コーディネーション
パキスタン政府ライセンスNo.889
PAKISTAN, AFGHAN
テレビ雑誌取材/リサーチ/
通訳/版権交渉/
NGOロジスティクスサポート

旅行業
: フンザの旅/
パキスタン北部トレッキング
/仏教の道/ガンダーラ/
シルクロード/世界遺産/時々イランや中央アジアも
代表アミン・ウラー・ベーグ
Tel: 046-875-1686
タグ
カテゴリ
全体
フンザ
パキスタン北部あれこれ
パキスタンあれこれ
アフガニスタンあれこれ
イランあれこれ
中央アジア
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 01月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
ライフログ
オクサスとインダス
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧