<   2008年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧
フンザの叔母 + アフガン料理 地球温暖化の話も
昨日は夏季シーズン最後のお客さんがトレッキングを終えられて、ここイスラマバードにてディ・ブリーフィングを済ませ、ラホールからインドへと陸路で旅立って行かれました。

今日は、次のTVドキュメンタリーのテーマ「地球温暖化」の内容をつめるため、テレビ制作会社のディレクターさんと、Eメールでやりとりしあいオフィス・アワーを過ごしていました。

d0106555_3301039.jpg
    
    温暖化の影響で例年にない増水をする氷河の川
    パキスタン北部で四季の移り変わりが曖昧になり、雨や風、霧といった
    気象状況も変化が見られるようになり、人々の生活さえ変えようとしている

夜は、腎臓をわずらい入院をしていたフンザ、グルキン村の叔母が、闘病を終え、明日、イスラマバードから村へと帰れることになったので、お別れのディナーをしに出かけました。美味しさで定評あるカブール・レストランでテイク・アウトして、ここ数日、叔母が寄宿している知り合いの高層マンションを訪ねました。

面積が日本の2.2倍もあるここパキスタンでは、重い病気の場合、辺境地フンザから、都会のイスラマバードやカラチまで病院に行くための長距離移動をしなければなりません。
イスラマバードまで800キロ近くあるでしょう。車に揺られ飛行機に乗って・・・本当に気の毒です。幸い、叔母はおととい抜糸も済ませ、経過もよく、ほっとできたところ。

叔母にしてみれば、フンザに比べ空気も水も悪く、大家族に囲まれていない、大事な家畜たちもいない街イスラマバードから、早く故郷の村へ帰りたいことでしょう。心配は、寒冷地フンザの冬がもうすぐそこまで来ていること。そのことだけは病後の叔母にとっては辛いだろうなぁ、と食事する叔母の横顔を見ながら思いました。

さて、カーブル・レストランのテイク・アウトは毎回のことだけれど、うなる美味しさでした。ここのオーナーはカーブル人。普通、アフガニスタン料理レストランの場合、アフガンのさまざまな地域、民族の料理のバラエティがメニューに並ばないのだけれど、この店はアフガニスタン全土の美味しいメニューが並んでいるのです。舌鼓! 
そうそう、おとといも取引先の某局のディレクターさんと、あそこの料理は最高だね~という話をEメールでしていたんです(^.^) 

さてテイクアウトにより、レストラン店内ではなかったため、店内でいつもいただく食後のカワ茶(緑茶)でしめることができなかったのは、ちょっと残念~お開きとなりました。 

▼▲パキスタン現地旅行会社シルクロード・キャラバンのHPはこちらから▲▼ 
by silkroad_caravan | 2008-09-25 04:29 | パキスタンあれこれ
断食明けに向けてチューディ(腕輪)屋さんが並び始めました
イスラマバードの中心地にあるジンナー・スーパーマーケット(バザール)で、イード(断食明け)に向けて、軒を連ね始めたチューディ(バングル・腕輪)屋さんを、ご紹介しましょう。

どれもこれも、ぜーんぶチューディ! 品は多いし、店の数も多い、目移りしちゃう!
d0106555_7521431.jpg

イードはムスリムにとって、一年で最大のイベントです。もちろん祝日! 新しい服(シャルワール・カミーズ)を新調し、お祈りをして、みなでお祝いするのです。断食をし、静かな気持ちで過ごしていた人々が心待ちにしているイード! どこのバザールでも、少なからぬ店が既に、イード時のバーゲン・セールのためのネオンを店の屋根に設置、点灯しているのですよ。

そのイードに合わせて、自分のために、あるいは故郷の女性や子ども(女の子)へのお土産として、人々はチューディを買い求めます。大量に買う人も多いのです。
チューディ屋がズラーっと並ぶ光景は、夜、裸電球の軒先できらめきいて、心がはずむものです。夫ベーグやスタッフの男性たちを待ちぼうけにしたまま、見入ってしまうのは、いた仕方ない。

我が家の娘も目をキラキラさせて、つま先立ちで、サイズの小さな子供用チューディをのぞいています。彼女は日本の保育園のお友達にお土産として買いたいのだそうです。彼女が手にとったチューディは、小さな娘の手にさえ入らないくらい小っちゃなサイズ。赤ちゃん用なんですね(^.^) あぁ、可愛い。うちの1歳の息子までつけたがり・・・、これには困ってしまいますが。

▼▲パキスタン現地旅行会社シルクロード・キャラバンのHPはこちらから▲▼ 
by silkroad_caravan | 2008-09-23 07:53 | パキスタンあれこれ
マリオットホテル爆発テロ事件2 + ヘビとイノシシの話も
今朝はマリオットホテルを空撮している映像をTVニュースで見ました。(どこの映像だろう)と思ったら、アルジャジーラでした。夫ベーグ知人のカマル・ハイダルさんがリポートをしていました。
ベーグは今回民放さん向けに、自分で映像を撮り、リポートをし、撮ったものを日本に送っていましたから私もいろいろ見ていますが、こうして俯瞰してみると、こんな姿になってしまったんだな・・・と。今日現在の発表によると、死亡者が80名に増え、怪我人は226名。

      崩れ落ちたダイニング・テーブル 上部に見えるのはシャンデリア
      マリオット社長が自身の娘さんの名まえを冠した”ナディア・レストラン”
      多くの人々がイフタール・ディナーを楽しんでいた
      Photo copyright by Amin Ullah BAIG, Silkroad Caravan
d0106555_17575365.jpg

トラックが爆発した地点にできた、タテヨコともに巨大な穴がそれを物語っていますがパキスタンでも最悪の爆弾事件となりました。911同時多発テロ事件以降でも爆発のスケールが一番大きかった、と。
マリオットホテルの社長サドルディーン・ハシュワニ氏は、数ヶ月内に再建する、と言っているそうですが、そんなことできるのでしょうか。
1,2週間前までマリオットに宿泊していた取引先取材人の方々も、ご自分たちが寝泊りし、食事をとっていたホテルの無残な姿に、やりきれなさを覚えていらっしゃる、といただいたEメールの文言。

昨晩は取材から帰宅したベーグが、食卓に出した鶏肉を見て「肉は食べない」というのです。「なんでよ?」と聞いたら、最初は「AP通信の人たち(みんな友達)とイフターリ(断食後すぐに食べる軽食)食べたから」とか言っていたのですが、よくよく聞くと「しばらく、焼いた肉は食べたくない」、と。
意味わかりますか。私も鈍いですよね・・・。昼間取材していた惨状が、自分が食卓で目にするものと重なる状態だったのです。「アフガニスタンでもカシミールの大地震でも、いろいろ見てきているけどね。これが私の仕事なんだから」と。

  *

その後、ファティマ・ジンナー・パークに夜の散歩に出かけました。
途中、車窓の向こうに軒を並べる店々のイード(断食明けのお祝い)に向け飾りつけられたネオンが、日に日に華やかになってきているのがわかります。公園も24時間入れるし、今回、パキスタン最悪の爆弾テロ事件がこんなイスラマバードで起きたなんて、信じられない、という思いにかられます。人々も普段同様出歩いて、変わらない様子が広がっています。

さて、公園の話。
当地は暑いので、昼間より、夕方以降にみなが公園で出かけるのです。ひたすら広―い園内は、実に涼しく、暗い中にも視界をさえぎるものがなくて、気持ちいーい。

小さい我が家の子どものために来た公園でしたが、一番、喜んでいたのは夫ベーグだったかも知れません。1ヶ月間に渡る撮影は緊張度の高いものも多く、テンションは高いまま続いています。ずっとアシスタントに入ってくれているサドルさんも一緒に連れて来れば良かったかな~。彼も、10年以上続くイスラマバードの生活をやめて、もう故郷フンザに帰りたい、とこぼしているからなぁ。

そうそう、暗い芝生の上を家族で走っていたら(変?)、長いヘビを発見。私は最初、「枝じゃないの?」と言ったところ、ベーグが「枝は、日本の公園のようには落ちていないよ、ヘビだから近寄らないで」と、覗こうとするのをとめられました。

イノシシも多いから気をつけな。進行方向に逃げると、すごい勢いで追いかけてくるから。その時はちょっとでもいいから横に逸れるように」と言われました。猪突猛進は、日本だけにあらず、パキスタンのイノシシも同じ。当たり前か(^^ゞ

イノシシは先日、イスラマバードのF7地域(イスラマバードの中心地)の閑静な住宅街でも、親子列をなしているのを見ました(夜間、車中より)。森っぽくなっているところが多いので、そういうところにいます。マリオットの事件は、こんなのどかな街で起きた事件でもあるのです。

とはいえ、国際情勢下のパキスタンやアフガニスタンの問題は、日本の多くの方々の理解がまったく追いつかないままに、刻々と変わっているのも事実です。最近あったアフガニスタン領内からの、米軍による、パキスタン国許可なしの越境攻撃の影響も非常に気になる点でした。

▼パキスタン現地旅行会社・取材コーディネーションシルクロード・キャラバンHPはこちら
by silkroad_caravan | 2008-09-22 17:58 | パキスタンあれこれ
マリオットホテル爆弾テロ事件 1
テレ朝さんの『報道ステーション』向け特集の取材が2本終わり、忙しさが一段落。
昨夕は、皆がイフターリ(断食後の軽い食事)を楽しんでいる最中、我が家もたまには外食でも・・と思い立ちました。イスラマバードのF10地域にあるイタリア料理屋に行こうということになり、玄関を出ると何か衝撃音がありました。(なんだろう・・・)と思いつつ、店へ。メニューを選んでいる時、マリオットホテル(6階建て、290室)の爆弾テロ事件の一報が入ってきました。
弟はF11地域(いずれもマリオットホテルの所在地からかなり離れている)のマンション5階で叔母と共にその音を聞き、「となりのマンション建設の工事現場の音かな?と思った」と、言っていました。
All photos copyright by Amin Ullah BAIG, Silkroad Caravan
写真の無断転載をかたくお断りいたします
いつも華やいでいたマリオットホテル。延焼が広がりこんな姿に
d0106555_20285129.jpg

      
夫ベーグは、急遽オフィスに戻り、カメラを取って、現場で急行。夜中にやっと、硝煙のにおいをまとって帰宅しました。
緑濃い静かでのどかな首都イスラマバードはどこへ行ってしまったのでしょう。いろいろな気持ちがないまぜになっていますが、悲しいです。でも忙しいです。だからこう何かイライラします。
d0106555_20295393.jpg

今現在、政府発表によれば死者は67人。でもまだまだ増えるでしょう。ガス管の引火で多くの部屋へと燃え広がり、あの大きく豪華だったマリオットホテルの大部分に延焼しています。遺体はみな黒こげだ、と電話の向こうのベーグが言い・・・それは認識しなければならない事実なんでしょうが、聞きたくない。
ご遺体になって発見された外国の方々は、チェコ(チェコ大使が死亡)、アメリカ、フィリピン、タイ、イギリス、エジプト、UAE、中国など。
爆発のあった時間からするに、外国の方々は、外のレストランで夕食の時を過ごしていた方も多いだろうから被害が少ないと良いのけれど、と願ってはみたものの、実際のところはやはり、多くの被害が確認され始めています。従業員も大きな一流ホテルだけに多く、お金持ちのパキスタン人たちも断食のときだからこそ、その後の楽しいイフターリをしに、マリオットへ出かけて来ていたのです。なんという悲劇。マリオットは、ベーグ同胞のフンザ人も多く勤めており、これも心配でしたが、幸いにも死亡は免れました。                
レセプション横のナディア・レストラン
d0106555_20312447.jpg

今日のベーグは、朝、モンスーンの雨に、「救助に影響が出なければいいが・・・」と言って取材に出たきり、戻りません。まだ一部消火されないマリオット建物内部の撮影を特別に許可され、その後、病院取材、病院での首相インタビューなどを終えたらしいけれど。

昨晩、燃えるマリオットホテルを前にして、社長サドルディーン・ハシュワニ氏は傍らに息子さんを携え、ベーグたちのインタビューにこう発言されたそうです。
「パキスタン建国のときもそうだった。
私たちのパキスタンが平和になることを望まない勢力がいつもいる」と。
そのご心中いかばかりか・・・・・・。
左は駐車場/廊下、その右側にはショップやオフィスが並んでいた
d0106555_20321259.jpg

このブログを書いて、私も、気分を深く沈めて布団にでももぐりこみたい。何の解決にもならないけれど。でも、電話やメールの対応もしなけらばならないし、小さいわが子も、そうはさせてくれないでしょう。何も知らずにはしゃぐ吾子の小さな瞳にのぞきこまれると、パキスタンの未来はどうなるんだろう、という思いが余計に頭をよぎります。

▼パキスタン現地旅行会社・取材コーディネーションシルクロード・キャラバンHPはこちら
by silkroad_caravan | 2008-09-21 20:15 | パキスタンあれこれ
取材、そしてヘリコプター
夫婦してイスラマバードに戻ってきて3週間。この間に4件のテレビ取材を抱え、そのうち3本が終わりました。だいぶ・・・ホッとしたところです。そのひとつは、おととい『ニュータリバン』という内容で、テレ朝さんの報道ステーションで特集されました。
ジャーナリズムに関わっている以上、当たり前のことではありますが、4件のうち、3件は突然の仕事。このため、(旅行業もそろそろシーズン・オフに差しかかっていたし、もうすぐのんびりできるかな)、という気分がすっかりどこかに飛んでしまいました。

さて、旅行業の方は、K2・バルトロへの今年最後のお客さんが今、トレッキング中です。8月下旬にゴンドゴロ・ラのロープが天候不順ではずれてしまい、ゴンドゴロ・ラへまわるコースをあきらめかけていた若い一人のトレッカーさんでしたが、9月に入り、再びロープがかけなおされたので、もしかしたら同じコースを引き返さず、ゴンドゴロ・ラを越えられているかも?知れません。おカミの立場としては、楽しい以前に、まずはご無事にトレッキングが終了となるか、毎度毎度のことながら、心配です。

そんな時、たまたま同時に、取材のために空撮ヘリのことを調べていました。空撮で使われるヘリは何種類かあるのですが、一番小さいヘリは、エクスペディションで事故があった時にレスキューとしても出動するヘリです。その1時間あたりの単価を眺めながら、(値段、高いなぁ。お客さんが万が一、怪我でもされてヘリ救助とでもなったら、今回の若い彼などには負担が大きすぎるよなぁ)などとついつい、そういうことも頭に浮かんでしまいます。

▼▲パキスタン現地旅行会社シルクロード・キャラバンのHPはこちらから▲▼
by silkroad_caravan | 2008-09-14 21:58 | パキスタンあれこれ
ラマザン(断食)
福田首相辞任だそうですね。こちらに取材に来られるテレビ局の方から、“パキスタン行き、急遽延期、福田首相辞任のため”、と連絡が入り、知りました。

こちらは中東などに続き、ラマザン(断食)に入りました。

夫たちベーグはラマザンをしない宗派なので、我が家ではラマザンはないのですが、じゃ、まったく関係ないかというと、そうでもなくて、料理を作る匂いなど階下にいらっしゃる大家さん一族へ流れていかないようになど、まわりへの気遣いはかかせません。ラマザンをしない宗派であっても自らラマザンされる人、家族もいます。
食べることに困っている人の気持ちを理解し、浮いた食費を寄付へまわすムスリムの方にとっては当然の行為。私たち日本人にこうした行為はなかなかできませんね。

とはいえ、専用のカレンダーで、今日の日没をたしかめ、日没時間が来るやいやな、楽しい軽食のイフターリ、その後の続くディナーと、もしかしたらいつもより食べている?皆さん。我が家の屋上から、いつもより帰宅ラッシュの車量が多いことが今年も見てとれるかな。残業どころじゃないですよね、お腹がすいて。

パキスタン大使館からも、パキスタン・ビザを取得される方々に以下のような連絡が来ました。↓

************************************************
ラマザーン期間中、大使館のビザ受け取り時間変更

ビザの受け取りは午後4時半~4時50分でしたが、
ラマザーンの間(9月30日までの予定)は
3時~3時半に変更されていますので、ご注意下さい。

申請に関しては変更なく午前10時~12時のままです。

************************************************

夫ベーグも若いスタッフも本日全員、仕事でペシャワールへ。彼の地での食事にも困っているだろうなぁ。
また今日、ギルギットからスカルドへ移動している弊社の、個人のお客さまもまだガイドとおちあう前なので、お食事に困っていないといいけれど・・・そんなことを、ぼんやり考えています。

▼▲パキスタン現地旅行会社シルクロード・キャラバンのHPはこちらから▲▼
by silkroad_caravan | 2008-09-02 20:48 | パキスタンあれこれ
9月のシルクロードキャラバン事務所は・・・ イスラマバードより
こちらイスラマバードも暑さがゆるんで、しのぎやすくなりました。ペシャワール会伊藤さんの事件も日本でのご葬儀が終わり、報道量も減ってきたようですし、こちらサイドでやれる取材もひと通り終えています。
夫ベーグが、日本でのご葬儀のニュースを横目で見ながら私に、「伊藤さんのご両親は息子さんの死に際し、ずいぶん立派な発言をされたそうだね。なかなかできることじゃない」といいました。「本当にそうね・・・」と私もいいました。
今回の事件により、日本政府の今後のアフガン関与へおかしな影響を与えなければいいな、と思います。
昨日、お父さんが若い頃ペシャワール会を取材されて父娘2代に渡って会を見続けている友人Mちゃんが、「誰がどんなことを言ってもペシャワール会の行動の正しさは必ず歴史が証明すると思います。伊藤さんの撒いた種がきっと実を結ぶと信じています。」とEメールをくれました。歴史・・・か。そうだよね、私もそう思います。

私は久しぶりのイスラマバード戻りです。夫ベーグは引き続き取材、『911同時多発テロ事件から8年』です。その後は、地球温暖化がらみのドキュメンタリーが控えており・・・。
若いスタッフも朝、ふたり連れ立ってペシャワールにリサーチへ出かけてしまいました。普段ズボンをはいている彼らが、今朝はシャルワール・カミーズに丁寧にアイロンをかけているので、(朝っぱらから、なんでアイロンがけしているんだろ?)と思っていたら、朝食の席にそのアイロンかけたてのシャルワール・カミーズを纏い着席し、「姉さん、ペシャワールへ行ってくるね」と。
さて、私の方は、どちらにしても、幼な子がふたりいて、フットワークが軽くはならず、今日も自宅兼オフィスにおります。月末月初の仕事をちょこっとし、次は冷蔵庫の整理。やっと落ち着いた気分で冷蔵庫や食料棚をあけると、旅行会社の添乗員さんやNGO、ジャーナリストの方々が置いていってくれた様々なレトルト食品や、カップ麺、ぽんずやら、梅干やら、乾麺などがどっさり入っていました。特に梅干は、笑ってしまうくらいたくさんあって、数年梅干には困らないくらい。梅干は大好きですが・・・。
個人のトレッキングのお客さんなどが置いていってくれるのはインスタント食品や、珈琲などが多いのですが、NGOの方など短くない滞在を想定されているので、乾燥みそ汁の具とか、乾燥納豆、とか知恵が感じられます。いずれにしてもありがたい。日本食なのに、中東の文字や、アジアの文字でかかれていて、自分の居ない間にテレビ局各地域の支局の方々が置いていったのだとわかり、これも笑えました。

他には、○○診療所と書かれたテレビ局内クリニックの処方した薬とか。もう必要ないでしょうから処分処分、っと。

さてと、これから4日よりスカルドで始まるk2トレッキングでの最終確認や、来年の見積もりなどをしまーす。それでは、みなさん、また!

▼▲パキスタン現地旅行会社シルクロード・キャラバンのHPはこちらから▲▼
by silkroad_caravan | 2008-09-01 19:51 | パキスタンあれこれ



フンザへ嫁ぎ、パキスタン政府公認現地旅行会社&取材業に励む日本人女子が綴る仕事最前線やスローライフ。アフガニスタン取材も得意。Silkrad Caravan Tour, TV Media coverage
by silkroad_caravan
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
弊社は 

シルクロードキャラバン社

現地旅行会社&
取材・コーディネーション
パキスタン政府ライセンスNo.889
PAKISTAN, AFGHAN
テレビ雑誌取材/リサーチ/
通訳/版権交渉/
NGOロジスティクスサポート

旅行業
: フンザの旅/
パキスタン北部トレッキング
/仏教の道/ガンダーラ/
シルクロード/世界遺産/時々イランや中央アジアも
代表アミン・ウラー・ベーグ
Tel: 046-875-1686
タグ
カテゴリ
全体
フンザ
パキスタン北部あれこれ
パキスタンあれこれ
アフガニスタンあれこれ
イランあれこれ
中央アジア
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 01月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
ライフログ
オクサスとインダス
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧