<   2007年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧
 山岳シンポジウム、パキスタン到着便午前3時に変更、大雨
 今週は、夏のご旅行やトレッキング・プランを作ったりしている時間が多いおカミです。パキスタンは危険だ、というイメージはなかなか払拭されず、今年もたくさんのお客様は来られないのかな、と残念に思いつつ・・・。ヨーロッパのお客様は今年、多いのですよ~。
 傍らで、日本人女性とパキスタン北部人カップルの、ご結婚手続きのご相談にのったりしていました。パキスタンは多民族で、イスラムの派もひとつではありませんから、それぞれ多少異なり、ただでさえ慣れないその諸手続きはカップルにとって大変なことです。
 
記録的猛暑と、大雨 
 今年はパンジャーブ州(南部)が気温54度にまで上がり、辛い新記録。たくさん死者がでています。一転して、ここに来て大雨。これによりまた死者がでています。アフガニスタンでも同じです。地球の温暖化、異変をパキスタン南部でも、また夫ベーグの田舎、高地山岳地帯(大氷河地帯)の北部でも実感することの多いここ数年です。

◆ベーグは、東京、青山の国連大学で、「国際シンポジウム 山岳環境への挑戦(International Symposium The Challenge of Mountains) 」に出席してきました。

 “インターナショナル”、“山岳環境”、となると、ベーグにしてみると、世界の屋根、カラコルムやヒマラヤが語られるかな、と思ったようですが、そうでもなかったみたいで^_^;
 なによりカラコルムの将来を常に考えているベーグたちにとってみると、学者さんたちの討論から、山岳地帯はこれこれ大事、というお話はともかく、実際に現地の人間の生活を向上させる具体的なプランや、現地をいい形で永続的に発展させていくためのプランのヒントを聞くことはできなかった、とガッカリして帰ってきました。

 パキスタン北部カラコルム、アッパーフンザ地元の人間たちに関して言えば、先祖代々、営々と、あの地を血を流すような努力を重ね、生き抜いてきました。今、インフラが未整備の状態で大勢のお客さんが来られること、ゴミ処理設備がない状態で旅行者が落としていく大量のゴミ問題(過去、地元の生活から、ゴミはほとんど出ませんでした)、ナチュラルリソースをいかに守っていくかなど、村人たちはフンザの地域のリーダーたちを中心に、具体的な策を模索しています。だから、モノや情報や人が入ってくるようになった最後の秘境が抱える問題点の、ヒントになるお話が聞けなくて残念だったのです。
 パキスタンの旅行会社に関しても、多くはパキスタン南部経営の会社で、北部とは民族も宗教も異なります。お客さんを運んでくる彼らは多くの場合、北部の自然保全に関して、残念ながら、無責任といえましょう。
 学者さんやNGOが現地に入ったことによる、弊害も少なからず考えられ、そういうことも現地の人間にしてみると心配です。私たちの村では、女性でさえ、「援助は要らない!」とハッキリいいます。以前、村の男性と話をしていたとき、彼は穏やかにいっていました。「どうして日本人はお金を援助してくれようとするのかな? 私たちはお金は要らないよ。欲しいのは援助ではなく、良いアイディアであったり、共にコミュニケーションし考え行動してくれるサポーターなのだよ」と。
 
 最近、ベーグたちのバトゥーラ山群の夏村(すべて彼らの所有地です)が、IUCNとWWFの保護下に無理やり入らされ、地元の人たちは心底、困っています。数年にわたり揉めてきた問題でした。これにより、これまで続けてきた営みが禁止され始めています。机上のプランを、ああいう特殊な高地山岳地帯の生きた山、植物、動物、人間に当てはめても謳い文句の通りにはならないことは、地元の人間みながわかっていることです。http://paleyphoto.com/downloads/macp_passu.pdf#search='iucn%20passu'
 少なくともアッパーフンザの人々は、自然を愛し、それを損なうことなく営みを続けてきました。問題は多岐にわたりますが、例えば、これまで計画的に、持続可能な植林をしながら木を切り使って来たのに、そういうことまで突然禁じられたそうです。このため薪がありませんから、今年は彼らの伝統食で、たんぱく源のひとつであるチーズやバターが作れなくなる、と村人が悲鳴をあげています。高地山岳地帯で標高が高いため、平地と同じような作物がとれない人々の大切な栄養源が奪われた、ということです。WWFがその代わりになるスペシャル・プランを持ってきたでしょうか。否です。そういうことを考えるとおカミも泣きそうになり、腹が立ってくるので、この辺でやめておきます。
  ↓もう見れないのだろうか、バトゥーラ夏村の風景 (涙出る・・・) 
d0106555_1326533.jpg

イスラマバード到着が深夜未明に変更 (パキスタン航空)
  ▼▲パキスタン現地旅行会社シルクロード・キャラバンのHPはこちらから▲▼
by silkroad_caravan | 2007-06-29 13:46 | パキスタンあれこれ
 パキスタン北部大地震、あの日から
 今日は新婚旅行の手配ご依頼をいただき、ちょっとほっこりしています。パキスタン北部も、ハネムーナーの方々が来られる時代が来たのかなぁ・・・嬉しいなぁ。

 さて・・・本題。おカミはここのところ、ウェブのフォトギャラリーを製作しているところです。みなさん、2005年10月にパキスタン北部がマグニチュード7.6の大地震に見舞われたことをご記憶されていらっしゃるでしょうか。
 その時、私たち夫婦は自分達の田舎(フンザ)が大被害から免れたことを知り、ホッとしたのも束の間、同じ北部のカシミール地方が大被害を受けたことを目の当たりにしました。そして、ほどなく日本(と後にフランスから)義捐金を募ることを決め、直接支援を始めました。          
                                       チャカールの町↓    
d0106555_2382114.jpg

 夫ベーグがカシミールの被災地ほぼ全域をヘリと車で視察した後、国際支援から完全に取り残されていた、インド国境にほど近い、道路が寸断された先にあるベール村というところを支援先に決め、活動をしてきました。
 食料を配り、ゴアテックスのテントを配り設置して、住宅用トタン板を配り、緊急的な支援を終えた後、学校再建や文具配布に着手しました。テントスクールに始まり、仮設校舎建設を経て、地震対策を施した本当の校舎を再建、開校式ができたのは去年(2006年)の年の瀬です。
 当時は、活動そのものと、義捐金協力者に支援速報を出すことで精一杯、常に”走りながら考える”状態でした。いまや、この1年半で記録してきた写真が1千枚は下らないほど溜まりまして、振り返りつつ、ちょっとまとめてみよう、と思い立ったのです。

 完成したら支援者だけでなく、みなさんにもご紹介させていただこうと思いますが、今日は被災したふたりの少女の写真を載せてみます。ほぼ連続して撮ったカットですが、対照的な表情をしているふたりに目が釘づけになってしまったものです。
 d0106555_218963.jpg
ベール村中心に支援をしていた我われでしたが、毎回、ベール村近隣、あるいは道中の村々の様子もヒアリングしながら、状況にあわせ単発で食料を配ったり、文具を配布したりしていました。このふたりもそうした先で、文房具類を届けた村の少女たちです。
ひとりは屈託のない可愛い笑顔! もうひとりは地震後1年以上たっても心の傷が癒えてない悲しい顔です。ベーグは、「この村も、家族をひとりも失っていない、という村人がいないくらいの被害がでていたし、彼女はとても繊細でね・・・」と言っていました。
d0106555_2192340.jpg
    

  ベーグが地震直後、電話の向こうから「自分の五感も壊れそうなほど、ひどい被災現場だ」と言ったことが忘れられないおカミです。「足の下がぐにゃりとするから、見ると、遺体だったりする。今日、うちの子(2歳)と同じくらいの子どもの頭部だけが、建物の瓦礫から飛び出していて、遺体が取り出せずにいるケースも見た」、という言葉も・・・。
 写真は雄弁に語ってくれると思います。遠からず、支援記録フォト・ギャラリー、ご覧いただけるようにがんばらなくては。
by silkroad_caravan | 2007-06-25 04:21 | パキスタン北部あれこれ
 地雷除去の番組を見て
 偶然、二日続けて、日本で地雷除去機製作に尽力されている方々のテレビ番組を見ました。ひとつは日立さんの話でした。もうひとつは、もっと小さな会社で製作の陣頭指揮をとられる社長さんが、自ら現地で除去機を試され、地雷爆発でご自分の片方の耳の鼓膜が破れてしまった後も尚、奮闘されるお姿でした。

 夫ベーグは、テレビ取材の報道コーディネートで、パキスタン隣国、アフガニスタンへはよく行きます。戦争報道の時もあります。そういった事情から彼はかたわらで、「この機械、素晴らしいんだ!」とか、「山がちで傾斜地の多いアフガニスタンだから、この機械を使用できない土地も多いんだ」「水もないような乾いた大地で、人力で、延々と緊張を強いられる地雷除去の作業をすることがどれだけストレスになるか」などいろいろ、いつものことですが、横で解説しまくります。

   ↓この写真は、小型センサーでの地雷除去作業準備中 カーブルにて ベーグ撮影
 
d0106555_1103982.jpg

 そしてふいに、こんなことを言い出しました。
 アフガニスタン取材に行った時、米軍のハンビー(高機動多目的装輸車両)を取材しようとテレビカメラを向けたとき、米兵から(取材しちゃ)ダメダメ、と身振りで示され、あきらめたそうです。その直後、米兵がそのハンビーから降り、その場で対戦車地雷が爆発した、と。「それって・・・・・・」「3人、米兵が亡くなったよ。吹っ飛んだ」。「・・・遺体は・・・?」「バラバラだよね。あのデカいハンビーも浮いたよ。戦車地雷が数個あったんだろう。黒煙が巻き上がったよ」。

 いつも事後報告でそんな話を、ふいに聞かされます。こうやってテレビを見ている時だったり、打ち合わせでディレクターさんと話をしている時だったり・・・。彼は、あきらかに取材後、私に言わないようにしているわけです、ギャーギャー文句言われますから。その取材は3年ぐらい前で、我が家の娘がまだ0歳だったと思います。子どもが生れてからは、あまり危ない取材には行かない、ということで夫婦で話はしていますが、実際にどれくらい危険な現場のフロントラインまで行っているかは私にはわからない。
 ディレクターのTさんも、危険を承知で行っているとはいえ、さぞ衝撃を受けられたでしょう。テレビ局の社員さんは、社命により、ここまで危ないような現場には行ってはいけないことになっているケースがほとんどですから、ご一緒しているのはフリーランスの方や、一部の、前線まで取材されるのは、ほんの何社かの方たちだと思います。

 さて、その時の話に戻ります。撮影クルーは道にいました。撮影ダメと言われ、あきらめて、ベーグはおしっこでもしようとしていたところだったそうです。道の端に赤い線が引かれており、その外側は地雷原。いつも取材時は、おしっこする場所にとても困るそうです。そしてその時、その戦車地雷が炸裂し、おしっこは衝撃ですっかり体内のどこかにいってしまった、と言いました。
 道にいた、と書きましたが、道を逸れたら命の保証はないのです。道にいるしかないのです。赤い線の外に一歩、踏み出す時、そう、土の上に残った人の足跡にぴったり合わせて歩を進めるしかありません。おしっこするのも命がけということです。

 世界中に地雷は1億個以上、埋められています。被害者の9割が非戦闘員、つまり無辜の民です。そのうち1/4が子どもだそうです。わざとオモチャに似せて作ってある地雷などが、まかれていますし、水を汲みにいったり、薪を拾いにいったりする子どもが犠牲になるのは想像に難くありません。

 私は、自分の娘が生れてから、こういうとき、こんな映像が浮かぶようになってしまったのです。アフガニスタンで、幼いうちの娘が水を汲みに行く。あるいは干ばつで干からびた元畑で、いとこやきょうだいと戯れる。そしてオモチャと見紛う地雷を拾ってしまう、そういった想像です。
 娘は父ベーグそっくりで、アフガニスタン人といえば通じる顔立ちですから、映像でよくみる向こうの幼子と、我が子がダブってしまうのです。被害にあって足を失った少女が、不自由な身体で食事を作っている姿などを見ても、うちの娘が将来、父親の田舎で同じように炊事しているだろう姿とダブるのです。こうして、犠牲になった子の、親や家族の悲嘆が、涙の一滴くらいわずかにしか過ぎないのですが、皮膚感覚で伝わってくるようで萎えてしまう。

 実は私自身、メディアで仕事をしていた時、人から頼まれて、地雷に関する本を日本で出版したカンボジア人の女性を撮影したことがありました。その若い女性は、カンボジアの地雷原で育ち大人になった人でした。小柄なカンボジアの娘さんが手の平に乗せて見せてくれた、安価で作れて、人を殺さず生かして生活を奪う、その地雷のあまりの小ささにショックを受けたように記憶しています。

 パキスタン人のベーグと結婚し、メディアにいたとき以上に、世界の見方がずいぶん変わった私です。2児の母になり、その考えもまたわずかですが多層的になりました。とは言え、できたことって、ほとんどないのが悔しいです。

▼パキスタン現地旅行会社・取材コーディネーションシルクロード・キャラバンHPはこちら
by silkroad_caravan | 2007-06-08 11:02 | アフガニスタンあれこれ
 スカルド ~山岳地帯にある砂漠~
 最近は、ドキュメンタリー企画(報道やカルチャーもの)のたたき台を書いたり、お客様のK2・バルトロ氷河トレッキングスケジュールを作ったり、パキスタン世界遺産旅行や、フンザの旅行プランなどの作業にも取り組む毎日です。

 さて、K2といえばパキスタンをよくご存知ない方でも聞いたこと、おありでしょう。K2とは言わずと知れた世界第2位の山、カラコルムⅡ 8,611m、パキスタン北部にあります。
 そのK2・バルトロ氷河トレッキングは20数日間の日程で、8千m峰を4座他、6千、7千m峰がひしめきあうように連なり、コンコルディアという場所からはそれら名峰が360度の大パノラマ!で眺められる、登山者にとっては垂涎の、究極のトレッキング・コースなのです。今年もそろそろシーズンが始まり、欧州を中心に、世界中から登山家やトレッカー、観光客のみなさんが訪れ始めました。
 夫ベーグも数え切れないくらい、国の山岳ガイドとして訪れている場所ですが、最近は行っていなかったものですから、久しぶりに自身でガイドできるかスケジュールを調整してみたいなぁ、とつぶやいています。この壮大なスケールのトレッキング話をするとキリなくなってしまいそうなので、さて、今日の本題。
 そのパキスタン北部トレッキングのベースになっているスカルドの、意外な風景写真を一枚、ご紹介したかったのです。
d0106555_2356822.jpg

 この写真は、スカルドのガンバという場所です。国内線の空港があるところで、砂漠のまわりは世界の屋根群~そしてその砂漠の真ん中に空港があります。超現実のような風景・・・・・・。でも現実の風景なのです。

 旅人はこの風景を堪能されるでしょうが、スカルドの人たちにとってはどうでしょうか。その砂は建築物を作るときの材料になるため、人々の暮らしに役立つ一方で、秋から冬にかけては強い風が吹き、砂漠から巻き上がったその砂塵、スカルドの町中を視界もきかないほどにしてしまいます。それは家々にも容赦なく入り込み、農閑期とはいえ彼らの畑にも降り注ぎ、翌春の農作業を大変なものにするということです。

  ▼▲パキスタン現地旅行会社シルクロード・キャラバンのHPはこちらから▲▼
by silkroad_caravan | 2007-06-05 01:27 | パキスタン北部あれこれ
 マンゴー到来 in パキスタン
 今は夫婦共に日本にいる我が家です。昨日、夫ベーグが、弊社イスラマバード事務所スタッフとの電話切った途端、いいました。「<マンゴーが食いたいなぁ」。
 
 ご存知ない方が多いでしょうが、パキスタンはマンゴー大国、マンゴー天国なのです。こ、これは、もう本当に!美味い。そのマンゴーの季節が到来しました。

    ↓近所のバザールで 種類はいろいろあって8月頃まで楽しむことができます
d0106555_8202652.jpg

 スタッフは忙しくて夕食に出かけるのも面倒くさくなってしまったとかで、買ってきた15キロものマンゴーを、オフィスの応接セットで食べながら夜を過ごしているらしいのです。じっとりと暑い空気にただようマンゴーの濃厚な香り、汗をかきながら食べる、ねっとり実に甘いマンゴーが思い出されます。(手をベタベタにして食べているんだろうなぁ)。日本で食べるように1個食べて終わりじゃないのですよ。15キロも買えばねぇ・・・いいなぁ。
 ベーグは「マンゴーがなくなっちゃったら、パキスタン人、死んじゃうだろうなぁ」と叫んでいます。(そんなオーバーな、とは思いますが、まぁ、心情はでていますね)。

 このマンゴー、一級品の多くが、中東や欧州へ輸出されます。ごれもご存知ないでしょうがパキスタンはオレンジでは世界第2位の輸出国です。そのオレンジに続き、輸出されているのがこのマンゴーです。

 絶品! マンゴージュース
 このマンゴーのジュースがまた絶品! 日本のジュースのように品の良い感じはなく、ドーンと大きなグラスで、今、搾ったばかりのマンゴージュースが、ストローで吸うのも大変なくらいの濃さで出てきます。驚きの美味しさです。これだけ美味しいと、ベーグが「日本のジュースは全然おいしくない」というのも全く否定できません。
 日本の方々もひとたび、この味を覚えられると、それはもうユーラシア横断のバックパッカーから、政治家の奥さままで、このマンゴーに夢中になられるのを私は見てきてました。「中国で、パキスタンに行ったら美味しいマンゴーが食べられるというウワサを聞いていました」と、シルクロードを横断して来た若者が話してくれたこともありました。

 私自身、マンゴーのささやかな思い出があります。それは結婚前、ベーグの運転するジープをパキスタン北部の故郷へと長距離ドライブしていたときのこと。ジープが大きく揺れるたびに、ジープ後部から、何か・・・かぐわしい香りが漂ってくるのです。「この香りは?」と聞くと、それはカートンで買って乗せてあったマンゴーの香りでした。「後で食べようね」と、彼がいったこともなぜか覚えています。(あの頃は今よりも優しかったな)、もうずいぶん昔のことです。実際、食べたかどうかは記憶の彼方にいってしまったのに、かぐわしい香りだけが印象に残っています。

 走っても走っても続くマンゴー畑
 マンゴーの産地はパキスタン南部、パンジャーブ州やシンド州です。
 
 産地では、幹線道路をはずれるとマンゴー畑があらわれ、走っても走ってもそれがずーっと続き、その中をドライブしたことがあるよ、と夫。ソ
 フィア・ローレン主演の映画『ひわまり』のひまわりならぬ、パキスタンのマンゴー畑が延々と続くその風景が目の前に浮かぶようで・・・それを想像して楽しんでしまいます。
 
 マンゴーの木は大きいですから、みどり色の中に落としたような小さな黄色がどこまでも続く風景。わざわざ行ける場所ではないのですけれど、いつか行ってみたいですね。

  ▼▲パキスタン現地旅行会社シルクロード・キャラバンのHPはこちらから▲▼
by silkroad_caravan | 2007-06-03 08:37 | パキスタンあれこれ



フンザへ嫁ぎ、パキスタン政府公認現地旅行会社&取材業に励む日本人女子が綴る仕事最前線やスローライフ。アフガニスタン取材も得意。Silkrad Caravan Tour, TV Media coverage
by silkroad_caravan
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
弊社は 

シルクロードキャラバン社

現地旅行会社&
取材・コーディネーション
パキスタン政府ライセンスNo.889
PAKISTAN, AFGHAN
テレビ雑誌取材/リサーチ/
通訳/版権交渉/
NGOロジスティクスサポート

旅行業
: フンザの旅/
パキスタン北部トレッキング
/仏教の道/ガンダーラ/
シルクロード/世界遺産/時々イランや中央アジアも
代表アミン・ウラー・ベーグ
Tel: 046-875-1686
タグ
カテゴリ
全体
フンザ
パキスタン北部あれこれ
パキスタンあれこれ
アフガニスタンあれこれ
イランあれこれ
中央アジア
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 01月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
ライフログ
オクサスとインダス
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧