<   2007年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧
 ガイド ~アズィームとシャフェイサルの話
 先日、日本の連絡事務所に、パキスタンから立て続けに国際電話が鳴りました。ガイドのアズィームが交通事故を起こしたのでした。

 アズィームは、フンザ人のガイドです。フンザの実家で、友人を乗せて日本車のアルトを運転中、スリップし事故を起こして意識不明だというのです。すぐ遠距離の首都イスラマバードに搬送され、大手術となりました。

 ベーグが怒った顔でいいました。
 「だからアルトを買うこと自体、絶対反対といったんだ! いったこっちゃない」。アズィームは足が少し悪い奥さんを乗せたいから、といい、つい最近、まわりの反対を無視して、アルトを買ったらしいのです。

 幸いにも、頭部を4ヶ所も手術して一命はとりとめました。まだ30歳。あと数日で二人目の子どもが生まれるというのに、死んでいる場合ではないのです。

 フンザをご存知の方であれば、あの道をアルトで!とびっくりされるに違いないでしょう。
彼の村はカラコルム山脈2,500m地帯にあります。カラコルム・ハイウェーという道ですが、峻険な山岳地帯の中をカーブが続きます。しかも冬は-20℃まで気温が下がるのです。この事故も氷の道で滑って起きました。そもそもアルトで通用する道ではありません。
 ちなみに我が家の車は4DWのジープです。というか、ここの日常では、ジープかトラクターくらいしか役に立たない、そういう場所なのです。

 冗談ばかりいって、いつもニヤニヤしているアズィームの顔が浮かびます。
「まったく・・・・・・(ため息)」

 心配していると、ほどなく、また電話が鳴りました。今度は、ガイドのシャフェイサルでした。アズィームの具合を訊ねると、
「バービー(私はこう呼ばれています、長男の嫁さんという意味)、アズィームは元気です」と日本語でいうではありませんか。
(元気ぃぃ? 元気のはずないでしょう。 うーーーむ、”無事”とか”経過は良好”といいたいんだな、きっと)と、思いました。これまた、まったく・・・・・・。

 シャフェイサルは、イスラマバードの大学で日本語を勉強して、今は日本語ガイドもしています。一時はそこまでやるとノイローゼになるんじゃないか、というくらい、熱心に勉強していました。日本語のスピーチ・コンテストに出場したこともあります。イスラマバードの事務所に来るたびに、手帳を開いては、私に日本語のわからないところを質問していました。そして現在、日常会話までバッチリとはいかないものの、日本語ガイドを務めています。
 しかし、お客さまが、万が一、登山などで何か事故を起こされて、こういう状態になったと想定した場合、「元気です」なんていったらニュアンスが全然違うじゃない~、と、聞いていてガクッと来てしまいました。はぁ。まことに日本語は難しい。
d0106555_3365914.jpg
 フンザ人は、日本人に情緒が近く、口で言わなくても伝わる、というようなところがあります。かなり気配りもきく民族なので、そういう側面が彼の日本人向けガイディングを助けているとは思いますけれどもねぇ。とはいえ・・・ちょっとため息。
                    こちらはガイドのシャフェイサル→

 少々、脱線しますが、日本の旅行会社のパンフレットに「パキスタンツアー、日本語ガイド」付きというのをよく見かけます。が、プロ!のガイドで、特に北部山岳地帯の経験が豊富で、しかも日本語のよくできるガイドというのは、あまりいないのですけれど\・・・。一体、だれがガイドしているんだろう、と時々、思います。(狭い業界ですし、人と人のつながりが非常に密なところですから)。

 話を戻しましょう。アズィームは意識も戻り、事故3日目にして「子どもが生まれるから俺はフンザに帰る」といっているそうです。大事故をおこした身体で、750キロもの厳しい道をどうやって帰るというのでしょう。
 でも、「どうしても帰りたい」と言っているアズィームが目に浮かびます。

 アズィーム、我が子のためにも早く元気になってね。早く、いつもの、あの変なジョークや皮肉を聞かせておくれ。それからシャフェイサル、更に日本語がんばろうね。

 ※みなさまをあまり驚かせてはいけませんね。
 弊社もいつも車をチャーターして、お客様をお連れする立場にあります。車の整備と、ドライバーの技量と経験は、たしかにできる限り気を配って手配をしていることを書き添えさせていただきます。
 首都イラマバードからパキスタン北部まで1,000キロ弱のインダス川に沿った渓谷沿いの道を往復する時などは、弊社の場合、毎夕、お客様が荷を解いてご夕食をとっていらっしゃる頃、必ず、車も整備し直しに出しているのです。
 ドライバーの経験と技量の方も、北部のドライバーを中心に経験値の高いドライバー(もちろんガイドも)は、例えば、山肌から石が崩れてきやすい箇所なども知り尽くしており、カーブもどのカーブはどれくらいの斜度、角度と経験的によくわかっています。まれに起きる事故も、天災とはいえ、経験があれば、人が巻き込まれることは避けられただろう、というケースもあります。それくらい、車には気を使わなければならないところです。(個人的には、パブリックの夜行バスなどは、極力乗りたくないな、と思っています)。
 
▼▲パキスタン現地旅行会社シルクロード・キャラバンのHPはこちらから▲▼
by silkroad_caravan | 2007-02-18 05:08 | フンザ
 山岳地域のポーターの権利を考える
 もうバックナンバーになってしまうのですがご案内です。
 山岳ライターの柏澄子さんの取材を受けて、月刊誌『山と渓谷』2006年12月号の「山岳地域のポーターの権利を考える ジム・ダフ博士の取り組み---国際山岳ポーター権利擁護団体」記事に、弊社代表アミン・ウラー・ベーグがインタビューに答えています。ご興味ある方は、ご覧になって下さい。192頁から4ページの記事です。
 エクスペディション、トレッキングのポーター事情についてでしたが、パキスタン国(カラコルム・ヒマラヤレンジ)に関しては、弊社しかアンケート~インタビューの回答がえられなかったとか。こういうのを聞くと、ちょっと寂しい気がします。

 パキスタンにも、北部ご出身のナジール・サビルさん、アシュラフ・アマンさん他、有名な素晴らしい登山家さんが沢山いらっしゃり、旅行会社も持っていらっしゃいます。おふたりは、パキスタン登山がお好きな方々にとっては、私が、いまさらの名前を出すまでもないくらい有名な方たちですがね。おふたりとも大変な親日家でもいらっしゃいます。

 もといトレッキングやエクスペディションをアレンジする会社は、お客様はもちろんのこと、生活のために危険が伴う高所ポーターをされる地元の人たちの、装備や保険のことなども、きちんと手配や考慮をしなければならないのです。弊社では、でき得る限りのことをやっていますが、見回して、まだ、法整備を含め、その実態は行き届いていないという現実の側面もあるようです。
d0106555_166853.jpg

 余談ですが、書いていてアシュラフ・アマンさんのことを思い出してしまいました。私がアシュラフさんに初めてお目にかかったのはギルギットのリベリア・ホテルでした。最初、日本人の方かな、という印象を持ったものです。そんなお顔立ちに見えました。優しくてお話好きで、素敵な方です。何度も日本を訪れていることや、いろいろな思い出話をして下さいました。
 夫ベーグの方は、アシュラフさんに叱られていました。「奥さんもらったんだから、いいかげん、ソフトタップのジープになんか乗っていないで、ちゃんとした家族乗せられる乗用車(セダン)を買え!」とのことで、私は笑ってしまいました。実際のところ、私は本当に、窓から風の入ってこない車に乗りたいな、って思っていましたから・・・・・・。(アシュラフさんと夫ベーグは、まぁ、ざっと言って親子くらいの歳の差があるんですね)。

 さて、ついでといってはなんですが、アシュラフさんの奥さま、Dr.パルヴィーンのことも書きましょう。ミセスパルヴィーンは医師であり、また、マウンテン・ウーマンズ・オーガニゼーションという団体の代表をされています。パキスタン北部山岳地帯の困窮している女性達を助けたり、高等教育を受けさせるために尽力されていらっしゃいます。私の義妹も、彼女のイスラマバードの寄宿舎に住みながら、高等教育を受けていました。私が申し上げるのも僭越ながら、ご夫婦ともに本当に素晴らしい方々です。

   ▼▲パキスタン現地旅行会社シルクロード・キャラバンのHPはこちらから▲▼
by silkroad_caravan | 2007-02-16 08:47 | パキスタン北部あれこれ
 スローライフとホームベーカリー ~チャパティにはかなわないけど
 日本の自宅にホームベーカリー(パン焼き器)を購入して半年になりました。
 最近、日本でスローライフという言葉が定着しつつあるようですが、パキスタンのフンザで生まれ育った夫ベーグはスローライフしか知らないで育っています。

 で、パンですが、フンザでは自給自足でとれた全粒粉(小麦粉)を使って、チャパティという大きな丸いパン状のものをかまどで焼いて主食としています。もちろん天然酵母です。皆さん、インド料理に出てくるナンだったらご存知でしょうか。ああいう形状に似たものですね。ですから彼は、私がご飯(米)を食卓に出しても、ちっとも喜ばない、ザ・小麦食圏の人間なのです。 
 彼の子どもの頃の思い出といえば、冬の朝、まだ布団の中にいると、同じ部屋の真ん中にあるかまどで母がチャパティを焼いている、そういうものらしいのです。厳寒のフンザの朝、かまどの火によって部屋はだんだん暖まり、チャパティの焼ける良いにおいがただよっている。そんな中、学校へ行く準備を始めなければならないのですが、(もうちょっと布団の中にいよう)なんて思って、まだぬくぬくしている、そういう風景が、彼の子どもの頃の幸福の原点なのだと思います。
d0106555_15453585.jpg
              ↑チャパティを焼く大叔母      
 で、日本の生活です。買っても買っても食パンがなくなってしまうのです。そりゃそうです。ベーグは一回の食事でほぼ一斤の食パンをたべるのですから。そして半年悩んだ末、ナショナルのホームベーカリーを購入したのです。

 これはもう、大正解! ベーグが居るときは、2日で3斤焼いています。そして手作りではないのですけれども、彼の幸福の原点にちょっとだけ近づけるべく、できたての温かいパンを家族で食べています。朝に焼きあがるように、夜、タイマーをセットして就寝、パンの焼きあがった良いにおいで目がさめるのも、なかなかハッピーです。これで夫が朝、さっさと起きるようになったのですから、私としては二重で大助かり。

 機械ではあるのですが、天然酵母パンができますし、なにより、添加物も入っていないから安心です。パキスタンのドライフルーツやナッツを入れたり、今日はオリーブオイルを入れてみようか、などなど、いろいろ実験しています。私より、やはりベーグの方が貪欲ですねぇ。そんな姿にまた私も触発されて、いろいろ試しています。

 私と彼の違いは、機械をスタートさせる前に、彼はパン焼器に向かって心の中でお祈り(コーランですね)してからスタートしていることですね。私のパンが失敗すると、お祈りしていないからだ、とからかわれます(笑)。
d0106555_15334136.jpg
            ↑ゲストが来た時のパスー村のティータイム
 フンザ、パスーの実家では、今日も姑が大きな丸ーいチャパティを焼いていることでしょう。姑は、村でも評判のチャパティ名人なのです。毎晩、大きな中国製の洗面器の中で、粉をこねて、それが朝には、すこぅし発酵して膨らんでいるのです。そう、たしかに母も、神さまの名前などを唱えながら、パンをこねています。
 最後に。そうなんです。ホームベーカリーには大満足の我が家ですが、それよりも私がもっとチャパティを上手く焼けるようにならなければならないのです。最初にして最後のチャパティ。奥が深い。

 でも日本の小麦粉はまずい、とベーグがいうのです。日本は、向こうの大陸のような強力粉がとれない土壌のようですね。でも、とにかく、がんばってみなくては。
d0106555_18465117.jpg
             ↑フンザ・ブレッド。チャパティとは作り方が違う

   ▼▲パキスタン現地旅行会社シルクロード・キャラバンのHPはこちらから▲▼
by silkroad_caravan | 2007-02-15 18:42 | フンザ
 怒れるオトコ ベーグ
 d0106555_18583579.jpgベーグはよく怒るオトコです。顔がコワモテなんだから、日本に居るとき、外ではあまり怒って欲しくないんですけれど。

 この前も、日本の自宅のテレビで、奈良県の妊婦さんが19ヶ所もの病院をたわい回しにされた末、亡くなったニュースを見ていて、顔を赤くしていました。(怒っている怒っている・・・)と、横目で見る私。このニュースには、同じく妊婦で、昨今の産むところ不足を肌で感じていた私も、胸のつぶれるような思いがしました。夫は「貧乏な国パキスタンだって、ベッドが満床で入院を断られるなんてことは、ない!」と憤慨ひとしきり---。

 一緒になった頃、ベーグがこれまたテレビを見ていて、画面に向かって「それは違ーうっ!」とか発している(日本語でです)のを見て、ちょっと驚いたものです。もう慣れましたけれど。いわゆる、まぁ・・・正義派タイプなんですね。彼は報道の仕事もしていますから、国際ニュースをチェックするのは仕事でもあるのですが、日本の政治を見るのも好きですし、選挙も大好き。選挙に関しては、私の投票権をあげて投票に行かせたいくらいです。(なんでアンタがそんなに熱心に選挙速報見ているの?!)って、思いますけれど。彼曰く「自分の家族が日本人なんだから、当たり前でしょ」と。まぁ、そうね。でも、いつも「ドーロゾクってっ何? ダンゴウって何? カイジョウホアンチョウって何?」と、質問攻めにあう私も疲れますよ。

 それでも日本に居る時は良い方です。ニュース見て怒っているくらいで済みますから。
 パキスタンに戻ると、それこそ年中、怒っています。ガイドたちに怒り、ポーターたちに怒り、弟たちに怒り、空港職員に怒り、レストランで従業員に怒り・・・です。
 彼は、怒らなければならない立場にあるようです。社長として、家長として、兄として、時にはレストランでお客として。いつもそんなアドレナリン出ているような生活良くないよ、と私は思っているのですが。
 よくよく見ていると、状態を改善するために、場を引き締めるために、あえて怒らなければならない役割を演じているようにも見えます。レストランでのクレームなどは「はっきり言えば、次回から変わるだろうから、いった方がイイ」と信じています。そして根が明るいので、怒ったその後すぐ、ワハハと笑っていますが。
d0106555_194456.jpg(←この顔で怒るとコワいですよねぇ)
 みなさんがよくフンザを桃源郷のようなところ、とおっしゃいますが、夫はそんな素晴らしい田舎に帰ってすらも、最近はあんまり休まらないようで、到着した途端、村の寄り合いやら、長老からの呼び出しやら、あっちこっちに呼ばれ、帰宅すると今度は、弟にゲキを飛ばしたりしています。弟たちなんぞは、兄の居るときと居ないときとでは態度までまったく違うのですよ。彼らは義姉の私の前ではリラックスしているくせに、兄が帰宅した途端、背筋まで伸びるありさまです。特に次男は、”兄貴居なけりゃオレ王様、居るときは子猫”! それでも、不在がちの兄から託されている農業や牧畜の仕事でヘマをやり、彼の逆鱗に触れて、昼間から落ち込んでフテ寝していたりするので、私はひそかに笑っています。

 フンザは長寿の里としても有名です。その理由はいくつも挙げられるのですが、ひとつはストレスのない生活といえましょう。なのに、我が家のフンザ人はストレスだらけ。超少数派のフンザ人ですね(笑)。
 
 こんな状態ですから、日本の自宅にいるときは、怒る対象がテレビくらいでまぁ、休まっている方なのかも知れないですね。
 彼は今日、日本のTVドキュメンタリー撮影でラホール入り。今日もラホールのどこかで怒っていることでしょう。

▼パキスタン現地旅行会社・取材コーディネーションシルクロード・キャラバンHPはこちら
by silkroad_caravan | 2007-02-15 15:24 | フンザ
 シルクロード・キャラバン HP開設まで、あと少し
 弊社パキスタン現地旅行会社シルクロード・キャラバンのホームページ開設まで、あと少しになりました。振り返ってみて沢山の友人たちに助けてもらいました。助けてもらい過ぎました。

 ホームページの生みの親、ウェブ・デザイナーのゆうちゃん。
 弊社ロゴ作成のご意見番をしてくれた、大御所グラフィック・デザイナーのYさん。
 ロゴを実際にデザインし形にしてくれた、ニューズウィーク誌GデザイナーのNっち。
 全般的に管理人助っ人を申し出てくれた、M印良品輸入業のサラリーマンながら、デジタル・ハリウッドで学んだウェブ・プロデューサー、ある時は季報予報士、とマルチな才能が光るHさん。
 写真のコピーガード作業をしてくれた、元M新聞グラフィック・デザイナーのSちゃん。

 中でも特筆したいのは、やっぱりウェブ・デザイナーのゆうちゃんです。一連のデザインと作業は、ただでさえ仕事で激務の彼女に、仕事外で大きな荷を負わせてしまいました。

 実は、ゆうちゃんが数年前バックパッカーをしていた頃、私はフンザ(パスー村)の我が家に、その時、初めて出会った彼女を、お茶に招いたことがあったらしいのです。
 私はユーラシア大陸を横断する旅の途上にある人たちと、村で会話を交わし、気が合うと、「ウチでお茶でも飲んでいきませんか」と、時々誘ったりしているんですね。その後、歳月が経つにつれ、ひとりひとりのお顔は薄れてしまったりすることもあるんですが・・・・・。
 たまたま友人の友人だったゆうちゃんとその後、日本で再会してびっくり。その後、ホームページのデザインまでお願いすることになりました。

 さぁ、ホームページという我が子が産まれるゾ。あとは元気な子に育てていかないと。

 弊社のお客様予備軍の読者にとって、血の通ったものになりますように。そして、パキスタンlovers が増えますように。それから、最後にこの場を借りて、ゆうちゃん、Hさん、みなさん、a lot of thank you.

   ▼▲パキスタン現地旅行会社シルクロード・キャラバンのHPはこちらから▲▼
by silkroad_caravan | 2007-02-15 04:02 | フンザ



フンザへ嫁ぎ、パキスタン政府公認現地旅行会社&取材業に励む日本人女子が綴る仕事最前線やスローライフ。アフガニスタン取材も得意。Silkrad Caravan Tour, TV Media coverage
by silkroad_caravan
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
弊社は 

シルクロードキャラバン社

現地旅行会社&
取材・コーディネーション
パキスタン政府ライセンスNo.889
PAKISTAN, AFGHAN
テレビ雑誌取材/リサーチ/
通訳/版権交渉/
NGOロジスティクスサポート

旅行業
: フンザの旅/
パキスタン北部トレッキング
/仏教の道/ガンダーラ/
シルクロード/世界遺産/時々イランや中央アジアも
代表アミン・ウラー・ベーグ
Tel: 046-875-1686
タグ
カテゴリ
全体
フンザ
パキスタン北部あれこれ
パキスタンあれこれ
アフガニスタンあれこれ
イランあれこれ
中央アジア
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 01月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
ライフログ
オクサスとインダス
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧